売れる文章の書き方|これだけは覚えて欲しい売れる文章作成術

どうも、仙道です!

ブログ・メルマガ・
ランディングページ・セールスレターなど。

起業家として活動していると、
様々なメディアで
商品・サービスを売る文章(コピー)
を書く機会があります。

しかし、売れる文章が書けない。
このように悩んでいる起業家は多いです。

今回は、3ステップで売れる文章が
書けるようになる方法を解説していきます。

どんなメディアでも
売れる文章が書けるようになる方法です。

お伝えする文章作成術を利用して
売上アップにつなげてください。

はじめに|売れる文章を書くために知っておくべきこと

実は3ステップの文章作成術で
売れる文章を書くためには
大切なポイントが2つあります。

ポイント1

ライティングする上で
忘れてはいけない
ライティング5つの壁について
理解を深めること。

ポイント2

売れる文章を書くための
準備をすること。

 

2つのポイントを抑えておかないと、
プロのライターでも
売れる文章を書くことができません。

ライティング5つの壁
売れる文章を書くため準備
3ステップ文章作成術

これら3つを含めて
売れる文章作成術であると
理解しておいてください。

では、さっそく
ライティング5つの壁について
解説していきます。

 

絶対忘れてはいけない“ライティング5つの壁”

たとえプロのコピーライターでも
この5つの基本を忘れてしまうと
売れる文章を書くことができません。

どんなに時間と労力を使って書いても
5つの壁を無視して書いた文章から
売上が上がることはないです。

もし売上が上がらなければ、
ビジネスは苦しくなります。

ビジネスが苦しくならないためにも、
最初にしっかりと5つの壁を
理解しておいてください。

もし既に知っているとしても、
改めて内容を確認しながら
読み進めてください。

壁1:開かない

ブログ・メルマガなどの
WEB上の文章は
最初に『タイトル』が
見込み客の目に止まります。

見込み客にとって
興味のある『タイトル』に
なっていない場合は、
本文(内容)を見てもらえません。

本文が売れる文章になっていても
タイトルをクリックして
ページを開いてくれないことには、
売上に繋がっていきません。

ブログ・メルマガなどを
見てもらう・読んでもらうためには、
『タイトル』が重要ポイント。
これを忘れないでください。

 

壁2: 読み続けない

どんなに時間をかけて
文章を書いても
読者が読み続けてくれることはありません。

どんな文章でも途中で
読まれなくなる可能性が高いです。

売れる文章を書くためは
『最後まで読んでいる人は少ない』
この意識を持ちながら
文章を書くことが重要になります。

そして、目次2で解説していく
「要素1:ターゲットについての理解」
これが非常に重要です。

 

壁3:イメージできない

文章を読んだけれど、
・意味がわからない
・内容が理解できない
このような文章では
売れる文章になりません。

商品・サービスが売れる文章とは
読んだ時に内容がイメージできること。
これが非常に重要です。

目次2で解説していく
「要素2:商品・サービスのベネフィット」
これを明確に文章で伝えること。
そして、書いた文章を第3者に見てもらい
感想をもらうなどの対策が有効です。

 

壁4:信じない

どんなに上手な文章を書いたとしても、
読者(お客様)は文章の内容を
信用するとは限らないです。

『文書の内容は疑われる』
この意識を持つながら
文章を書くようにして下さい。

読者の疑いを解消するためには、
目次2で解説していく
要素3:実績・証拠
が重要になります。

 

壁5:行動しない (購買しない)

読者(お客様)は
文章をすべて読んで、
信用してくれたとしても
商品・サービスを購入するとは限らないです。

商品・サービスを購入してもらうためには
購入を促す必要があります。

対処法としては、
目次2の「要素5:CTA
ここで解説する内容を確認してください。

 

売れるWEB文章を書く準備|5つの要素を準備する

ブログ・メルマガなど
どんなメディアで文章を書くときも
売れる文章を書くためには準備が重要です。

ここでは売れる文章を書くために
必要となる5つの要素を解説していきます。

 

要素1:ターゲットについての理解する

ターゲットについて深く理解することで
ターゲットの心に響く文章を
書くことができます。

どんな商品・サービスでも
「誰でもいいから買って欲しい」
このような考え方では商品が売れません。

ターゲットになるお客様が
・抱えている悩み
・解決したい問題
・叶えたい願望 など
このような内容を理解する必要があります。

 

ターゲットを理解するための5つのヒント

【ヒント1】

理想のお客様の性別・職業・年齢層は?

【ヒント2】

もしあなたに頭を下げてお願いしてくるお客様がいたら、その人はどんな人か?

【ヒント3】

ターゲット層は「どんな夢、願望、欲望」を持っているか?

【ヒント4】

ターゲットはどんな「悩み、苦しみ、痛み」を持っているか?

【ヒント5】

もし「お金をいくらでも払う!」と言ってくるお客様がいるとしたら、
具体的にどんな変化に対してでしょうか?

要素2:商品・サービスのベネフィット

ベネフィットとは、
『商品を手に入れたことで
お客様が手に入れる未来(変化)』です。

自分の商品・サービスを手に入れることで
どんな未来が手に入るのかを
伝えることを意識していください。

 

■売れない文章によくある間違い

売れない文章は
ベネフィットを伝えることが
できていません。

  • 自分の商品の特徴
  • 自分の商品は〇〇がすごい
  • 〇〇な実績がある など

自分の商品・サービスの
自慢話ばかりしています。

お客様が知りたいことは、
自慢話ではなく、
自分が手に入れる変化です。

お客様目線で
お客様が欲しい未来
手に入れたい変化を
文章にしてください。

 

ベネフィットを見つける3ステップ

ステップ1

商品を利用することでお客様が
手に入れる未来を最低10個以上考える

ステップ2

ステップ1で書き出した内容から
お客様に響きそうなものを
5つ選択する

ステップ3

5つの中から、
最もお客様に響きそうな
ベネフィットを1つ選ぶ

※ステップ3の段階では
5つに絞ったベネフィットを
実際のお客様に見てもらい、
1つ選んでもらうことが理想的です。

要素3:実績・証拠

お客様が文章の内容を
信じてくれると、
商品・サービスが売れます。

つまり、売れる文章では
お客様の信頼を得ることが重要です。

しかし、お客様は
・あなたは誰
・なんか怪しい
・どうせ嘘でしょ など
常に疑いの気持ちを持って
文章を読んでいます。

そこで、お客様の信頼を得るためには、
自分が伝えている内容が「真実」であることを
読者(お客様)に証明する必要があります。

自分が書いた内容・伝えた内容が
本当であることを証明するために
・実績
・証拠
これらを文章中に記載するようにしてください。

 

■お客様の信頼を生み出す5のリスト

  1. 今までの実績(年商 / 売上など)
  2. 実際のお客様の声(できれば10人以上)
  3. セミナーなどの開催中の写真
  4. 自分の顔写真+経歴(書籍出版など)
  5. 業界の有名人からの推薦

 

要素4:オファー

オファーとは、
お客様との取引内容を
一つにまとめたものです。

売れる文章の中では
下記の内容のすべてが
「オファー」になります。

 

オファーの内容

商品・サービスの内容

価格

特典

保証

支払い方法

申し込み期限

※上記の項目、
すべてを1つにして
「オファー」という

上記の項目1つ1つを考え、
お客様にとって魅力的なオファーを
作成してください。

 

■オファーを考える時の注意点

オファー内容はお客様にとって
魅力的にすることが重要です。

オファー内容に魅力がないと
売れる文章にはなりません。

多くの起業家はオファー内容を考える際に
『お客様にとって』という視点を忘れています。

『自分が魅力的と思うオファー
=お客様にとって魅力的なオファー』
このように考えてしまうためです。

自分が魅力的と感じるオファーが、
お客様にとって魅力的である保証はありません。

むしろお客様が魅力的だと感じるオファーは、
自分が考えているものとは
全く違う内容であることの方が多いです。

自分の考えだけで
オファーを作成するのではなくて、
お客様の声を参考にしながら、
オファー内容を考えるようにしてください。

 

要素5:CTA

「CTA」とは、Call To Action
(コール・トゥー・アクション)の略称です。
日本語では「行動喚起」という意味。

文章を見てくれたお客様に、
行動を促す・誘導することを意味します

  • 今すぐお申込みください
  • 下のボタンをクリックしてご参加ください
  • 今すぐ下記のリンクから席を確保してください など

お客様にとってほしい行動を
促す文章を記載することで、
お客様に行動させることができます。

わざわざ書く必要がなるのか。
このような疑問を持つかもしれません。
しかし、目次1「壁5:行動しない」を
思い出してください。

どんな人でも簡単には
行動してくれません。
必ず行動を促すためのCTAを記載してください。

 

売れるWEB文章の書き方3ステップ

売れる文章は3つのパーツで
構成されています。

 

■売れる文章を構成する3つのパーツ

01:キャッチコピー
02:ボディコピー
03:クロージング

売れる文章の構成

 

どんなメディアで文章を書く時も
3つのパーツを意識して
文章を作成してください。

3つのパーツを意識し、
1つ1つステップを踏んで書くことで、
自然と売れる文章を書くことができます。

 

ステップ1:キャッチコピーを作る

キャッチコピーとは
読者(お客様)の興味・関心を
一瞬で惹きつける文章(コピー)です。

読者の興味・関心を掴んで
本文(ボディコピー)を
読んでもらう役割があります。

ブログ・メルマガでは
『タイトル』がキャッチコピーの
役割を持つことになります。

お客様にとって興味を引きつける
『タイトル』を書くことで、
本文(内容)を見てもらうことができます。

ランディングページや
セールスレターでは、
キャッチコピーの内容次第で
文章を読んでもらえるかどうかが決まります。

キャッチコピーは
売れる文章を書くために
最も重要な要素といっても
過言ではありません。

では、具体的にどうやって
キャッチコピーを作成するのか。
その方法は別の記事で詳しく解説しています。

こちらの記事を参考にして
売れるキャッチコピーを作成してください。

売れるキャッチコピーを作る!有効な9つのテンプレート

 

 

ステップ2:ボディコピーを作成する

ボディコピーとは、
いわゆる「本文」のことを意味します。

お客様が抱える悩みや
悩みの解決策を示し、
商品を欲しいと感じてもらうこと。
これがボディコピーの役割です。

目次2「売れるWEB文章を書く準備」で
準備した要素1〜3も
このボディコピーの中で活用します。

 

■売れるボディコピーのテンプレート

ボディコピーには
何を書けばいいのか。
そう迷わないために、
1のテンプレートをご紹介します。

テンプレートの内容と
目次2「売れるWEB文章を書く準備」で
準備した要素1〜3を活用して
ボディコピーを作成してください。

ボディコピーのテンプレート

1:お客様の悩みを強調する
2:自分ができることを伝える(商品説明)
3:ベネフィットを伝える
4:結果を提供できる理由を伝える(証拠)
5:自分の情報も伝える(信頼獲得)

1:お客様の悩みを刺激する

自分のターゲットが抱える
悩み・問題・恐怖などについて
文章を書きます。

どんな人でも『何かを手にいれたい』欲求よりも
『何かを避けたい』欲求の方が
感情が強く動きます。

例えば、文章の冒頭で、
「自信がつくようになる!」と言うよりも
「恥をかかないで済む!」と言うほうが
続きを読まずにはいられない心境になります。

ターゲットがどんな悩み・不安などを
抱えているのかを明確にして、
ボディコピーの冒頭で
伝えるようにしてください。

<参考例>

  • 〇〇のままで廃業する確率が100%です
  • ブログ集客できない人は起業家として終わりです
  • 起業家は〇〇していないと売上が伸びません
  • このままではLPの成約率が○%ダウンします。
  • 〇〇していないとリストを全て失うかもしれません

※目次2の『要素1:
ターゲットについての理解する』
ここの内容を活用してください。

 

2:自分ができることを伝える(商品説明)

最初に刺激したお客様の悩みを
自分が解決できることを伝えます。

どんな方法・手段で
お客様の抱える悩みを
解決していけるのかを文章にしてください。

自分の商品・サービスを
説明するイメージで大丈夫です。
3:ベネフィットを伝える

商品・サービスの説明ができたら、
そこから得られるベネフィットを伝えます。

自分の商品・サービスを手に入れることで
お客様がどんな未来が手に入れるのか。
お客様にとっても最も魅力的な
ベネフィットを伝えてください。

※目次2の『要素2:
商品・サービスのベネフィット』
ここの内容を活用してください。

4:結果を提供できる理由を伝える

商品説明とベネフィットを伝えたら
「なぜそう言えるのか」という
証拠を示してください。

目次2の『要素3:実績・証拠』を活用して
自分が言っていることが
信頼できること・安心できることを
お客様に伝えてください。

5:自分の情報も伝える(信頼獲得)

自己紹介(プロフィール)も
売れる文章には欠かせない
重要な要素の1つです。

プロフィールを通して、
信頼獲得や安心感を与えることができます。

売上に繋がる魅力的な
プロフィールの作成方法は
別の記事で詳しく解説しています。

ぜひ記事の内容を参考にして
売上に繋がる魅力的なプロフィールを
作成してくだい。

ブログのプロフィールの書き方|自然とファンができる書き方

 

ステップ3:クロージングコピーを作る

クロージングコピーの役割は、
商品・サービスを購入してもらうことです。

ボディコピーを読んでくれたお客様が
商品を「欲しい」と感じてくれた際に、
購入の決断を促す役割があります。

クロージングコピーは
・オファー
・CTA
この2つの要素を活用します。

準備段階で作成した
魅力的なオファーと
CTAを順番に記載することで、
クロージングコピーを完成させてください。

参考例

今回のセミナーは限定10名の募集です。
参加後から30日間は
無料メールサポートがつきます。

さらに、参加後30日の時点で
売上がアップしていなければ
参加費は全額返金いたします。

もしあなたが本気で
売上を上げたいのであれば
1秒でも早く〇〇セミナーに
ご参加ください。

『今すぐここをクリックして
〇〇セミナーに参加する』

 

売れる文章の書き方|差別化ライティングの秘訣

売れる文章とは
ライバルとの違いが明確な
文章でもあります。

どのようなポイントを
意識することで
差別化できた文章を書けるのか。
その秘訣をご紹介してます。

 

■差別化ライティングの3つの秘訣

秘訣1

自分の知識・ノウハウについて
出し惜しみをしない。
有料並のスキル・ノウハウを
伝えることを意識する。

 

秘訣2

ライバルが伝えている内容よりも
“一歩具体的”な内容を記載する

 

秘訣3

業界では常識とされている
考え方・やり方とは、
「真逆」の主張をする

 

まとめ|売れる文章のチェックリスト

売れる文章の書き方を
開設しました。

売れる文章を書くためには、
1.ライティングの5つの壁への理解
2.売れる文章を書く準備
3.売れる文書を書く3ステップ
この3つのポイントを抑えることが重要です。

3つのポイントを
抑えることができれば、
・ブログ
・メルマガ
・ランディングページ
・セールスレター
どのようなメディアであっても
商品・サービスが売れる文章が
書けるようになります。

今回お伝えした内容を
何度も見直して売れる文章の書き方を
ぜひマスターしてください。

最後に、今回の内容を活用して
「売れる文章」を書いた際に
ちゃんと書けているかどうかを
確認するためのチェックリスト載せておきます。

自分で実際に書いた後に、
チェックリストを使って
ポイントを再確認してください。

 

■売れる文章のチェックリスト

<キャッチコピーのチェックリスト>

  • □ターゲットが明確になっている
  • □具体的な数字が入っている
  • □マイナス感情を刺激している
  • □わかりやすい言葉・表現になっている
  • □お客様が思わず反応してしまう単語を使っている

 

<ボディコピーのチェックリスト>

  • □商品のベネフィットを伝えている
  • □ベネフィットの証拠が記載されている
  • □プロフィールは魅力的になっている

 

<クロージングコピーのチェックリスト>

  • □オファーが魅力的な内容になっている
  • □魅力的な特典がある
  • □価格にお得感がある
  • □限定性がある
  • □保証がある
  • □申し込み方法がわかりやすい
  • □CTAが記載されている
$(function () { winW = $(window).width(); if ( winW < 600 ) { //フッターメニューのアコーディオン $('#footer_ban').hide(); $(window).scroll( function(){ if( $(this).scrollTop() < 30 ){ $('#footer_ban').slideUp('slow'); } else { $('#footer_ban').slideDown('slow'); } }); } } );