【初心者必見】商品やサービスの成約率を高めるメルマガ配信とは?メリットやデメリットも紹介

仙道達也

どうも仙道です。

「メルマガ配信ってなに?」「メルマガをやるメリットはあるの?」こんな疑問はありませんか?

多くの企業や事業主がマーケティングの手法として使うメルマガ配信ですが、いまいちやり方やメリットがわからないという方も多いのではないでしょうか?

今回はメルマガの特徴や配信する意味、メリット・デメリットについて紹介していきます。

メルマガ配信を取り入れると、商品やサービスの成約率が大きく変わる可能性もあるため、ぜひ参考にしてください。

そもそもメルマガ配信ってなに?

【初心者必見】商品やサービスの成約率を高めるメルマガ配信とは?メリットやデメリットも紹介

 メルマガとはメールマガジンの略称で、登録した購読者に対して定期的にメールを送り上方を発信することをメルマガ配信と呼びます。

メルマガはマーケティングのひとつで、購読者に対して直接メッセージを送れるため、購読者との関係性が作りやすいという点が大きな特徴です。また、新しい商品の宣伝や営業などさまざまな利用ができます。

ツールを使えば、自動的に定期配信ができるため忙しい人でも定期配信が可能で、一度型を作っておけば、商品を売るまでの過程が自動化できるというメリットもあります。

関連記事

仙道達也どうも仙道です。コーチやコンサルタントがWebマーケティングの中で必ず使用されるツールがメルマガとLINE公式アカウントです。今よりもっと売り上げを伸ばしたい場合や、新商品の認知度を高めたい場[…]

メルマガとLINEはどちらを使うべきか|特徴や使い分けを解説

 

メルマガ配信の目的や種類を理解しよう

メルマガ配信の目的や種類を理解しよう

メルマガ配信は、目的を持っておこなう必要があります。目的のないメール配信は誰も興味はありません。そのため、登録をしてもすぐに購読を止めてしまうでしょう。

メルマガ配信の主な目的は次の3つがあります。

  • 情報を伝達する
  • 商品の販売や促進
  • ファンを作る

あなたが発信したい内容や目的に合うものがどの分野になるのか確認しておくと良いでしょう。

 

情報を伝達する

メルマガ配信は購読者に伝えたい情報を届けるためのものです。商品やサービスの情報を伝えて、利用の継続や周知を図ることが目的となります。例えば、緊急速報メールや学校からの連絡メールなどもこの分野と言えます。

必要な情報が欲しいタイミングで届く仕組みができれば、購読者も増えていくでしょう。

 

商品の販売や促進

メルマガを通じて購買意欲の促進を目的とした配信です。新商品の導入や新しいサービスのお知らせを配信して購入を促します。

購読者の中には商品を一度でも手にしたことがある方とまったくない方がいます。それぞれで必要な情報が変わるため、購読者の属性に合わせた配信が必要です。

年齢や性別によっても受け取りたい情報が違うため、注意しましょう。

購読者の属性メルマガの内容例
新規の方商品の情報やメリット
一度でも購入した方クーポンやキャンペーン情報
性別男性なら煽り・女性なら共感する内容

※一例です

表のように購読者の属性に合わせた配信をできることがメルマガの強みです。商品販売だけではなく、属性に合わせた有益(お得)な情報を発信していくと売り上げの向上につながります。

 

ファンを作る

ファン作りは、マーケティングにとって非常に大切な部分です。マーケティング用語でファンのことを「ロイヤルカスタマー」と呼び、商品やサービスに対して関心の強い人を指します。

また、商品は品質が良ければ売れるというものではなく「誰から買うのか」という点が重要です。そのため、商品の品質はもちろんですが、メルマガを配信するあなたの魅力を購読者に伝える必要があります。

メルマガ配信の内容に一貫性を持たせて、信用を獲得することがファンを作るコツです。一対一のコミュニケーションがとれるメルマガはあなたや商品のファンを作るには有効な手段と言えます。

関連記事

仙道どうも仙道です。あなたがコーチやコンサルタントとして起業しているなら、メルマガを使っている可能性が高いと思います。しかしメルマガを使っていても集客が思うようにできない悩みを抱えている可能性もまた高いでしょう。[…]

売上アップに繋がるメルマガの書き方|ただ書いても成約率は上がりません

 

メルマガ配信の必要性は?

メルマガ配信の必要性は?

メルマガ配信は商品の販売や集客などさまざまな用途で利用します。商品を販売する手法のひとつなので必須ではありませんが、うまく利用すると売上やファン化を加速させる効果が期待できます。

メルマガ配信によって期待できる効果は次の通りです。

  • 顔出しする回数が増える(インプレッション)
  • 単純接触回数が増えて信頼度が上がる(ザイアンス効果)
  • 成約率を上げる(コンバージョン)

それぞれの効果を見ていきましょう。

 

顔出しする回数が増える(インプレッション)

メルマガ配信者としての顔出し回数が増え、安心や信用に繋がります。配信内容を決め継続的な配信をおこなうことで配信者のイメージが定まり、ブランディング(ブランド力)が形成されます。

ブランディングが形成されることで、発信する内容の信憑性の向上や商品やサービスの期待度が上がり、売り上げにも繋がっていくでしょう。

 

単純接触回数が増えて信頼度が上がる(ザイアンス効果)

メルマガの継続は、心理学の一つでもある「単純接触効果」を期待できます。単純接触効果とは、名前の通り単純な接触回数が多ければ多いほど、信頼感が増すという心理です。

定期的にメルマガが届くことで、徐々に安心感や信頼性が向上します。内容を確認していなくてもメールボックスに名前が出るだけで親しみや安心感に繋がり、あなたへの信頼度が高まるでしょう。

 

成約率を上げる(コンバージョン)

メルマガを配信する目的の多くは、商品やサービスの販売が目的になるでしょう。メルマガ配信は商品を売るための手段として成約率が高い傾向にあります。

メルマガ配信はリアルタイムで広告が出せる点が大きなメリットです。一般的なキャンペーンや新商品などの広告を打ち出すよりも早く対応できる特徴があります。緊急性を出して情報発信すれば、特別感を感じて購入に繋がるといった使い方もできるでしょう。

また、メルマガ読者はそもそもあなたや商品に対して好感を持っているケースがほとんどです。また、不特定多数に向けての配信ではなく、読者の属性に合わせた内容を発信することで成約率も高くなるでしょう。

関連記事

仙道達也どうも、仙道です!メルマガ発行しているなら、常にチェックしておきたいのが、メルマガの開封率です。なぜなら、メルマガの開封率を見ていれば、自分のリストとの関係性が見えてきて、売上につなげるヒントがたくさ[…]

【今さら聞けない】メルマガの開封率を上げる3つの方法とその本質

 

メルマガ配信には2種類の方法がある

メルマガ配信には2種類の方法がある

メルマガ配信には次の2つの種類があります。

  • 定期配信
  • ステップメール

2つの違いを理解して使い分けることが大切なので、それぞれの方法を確認していきましょう。

 

定期配信

定期配信は、あなたの好きなタイミングで購読者にメールを届ける方法です。毎日・週1回・月1回など自分に合った方法で配信できます。ただし、あまりにも不定期な場合は購読停止に繋がる可能性もあるため、頻度は自分で決めておくと良いでしょう。

自分のタイミングで送れるため、時事ネタや季節に合わせた旬な内容を購読者に届けられます。

 

ステップメール

あらかじめ登録した内容のメールを自動で順次送っていく方法です。メルマガ購読を登録したタイミングから1通目の配信が始まるため、購読者ごとに読んでいる内容が異なります。

事前にメール内容を設定するため、旬な内容は含みにくいですが、一通目から順番に配信できるため、ストーリーを作っていくことが可能です。

また、自動で配信できるため、内容を作り込んでおけば日々のメール内容を考える手間を省けるでしょう。

関連記事

仙道どうも、仙道です! ステップメールが書けない 書いているけれど反応がないこのように悩む起業家は、ステップメールのシナリオの書き方(スキルやテクニック)の部分に改善策を求めることが多いです。[…]

ステップメールで自然とファンが増えるシナリオのテンプレートを公開

 

メルマガ配信のメリットとデメリットを理解しておこう

メルマガ配信のメリットとデメリットを理解しておこう

メルマガ配信は商品の販売やファン化を加速させる便利なツールです。ここからは、メルマガ配信のメリットとデメリットについて確認しておきましょう。

 

メルマガ配信のメリット

メルマガ配信をするメリットは次の通りです。

  • 広告費などのコストを削減できる
  • 購読者に合わせたアプローチができる
  • 受け身ではなく直接的なやり取りができる

ひとつずつ見ていきましょう。

広告費などのコストを削減できる

商品の紹介や宣伝には広告費が必要になります。SNS広告・はがきを使ったDM(ダイレクトメール)・チラシなどさまざまな手法がありますが、どれも大きな費用が必要です。

その点、メルマガ配信を利用すれば、無料や低額な費用で情報発信ができます。メールに添付ファイルを付けることもできるため、使い方次第ではさらに幅広い運用ができるでしょう。

購読者に合わせたアプローチができる

メルマガ配信は、購読者の属性ごとに分類して情報を発信できます。例えば、男性向け商品なら男性のみに、一度でも商品やサービスを利用したことがある人だけにキャンペーンを送るなど、使い方はさまざまです。

このように購読者を属性ごと分けすることを、マーケティング用語では「セグメント」と呼びます。

受け身ではなく直接的なやり取りができる

ホームページやブログ、一般的な広告ではどうしても受け身になりやすいですが、メルマガ配信では状況に応じたアプローチができます。

購読者の興味を駆り立てる配信を定期的に送ることができれば反応が返ってきやすくなるでしょう。また、メールのやりとりでは、個別性や特別感を与えられるため、反応率は上がります。

メルマガ配信のデメリット

たくさんのメリットや効果が期待できるメルマガ配信にもデメリットがあります。メルマガ配信のデメリットは以下の通りです。

  • メールアドレスの登録が大変
  • 未開封で読まれない
  • 迷惑メールフォルダーに入ってしまう

ひとつずつ見ていきましょう。

 

メールアドレスの登録が大変

SNSが普及している現代では、メールアドレスの登録を面倒だと感じる方も多いでしょう。そもそもメールアドレスを知らないという方もいます。

メルマガ配信を受け取ってもらうためには、メールアドレスの登録は必須です。購読してもらうためには、メールアドレスを登録してもらうための仕組みが必要です。

例えば「メールアドレスを登録した人には〇〇をプレゼント」や「〇〇円割引券を進呈」などの特典を作ると良いでしょう。

 

未開封で読まれない

メールの場合、受信ボックスからメールを選択しないと内容が確認できないため、面倒に感じる方も多いでしょう。

現代はSNSに慣れている方も多いため、手軽なチャット形式が好まれる傾向にあります。

しかし、少し手間があってもメールを開いて貰える方はそれだけ信頼度が、高くなっているという考え方もできるでしょう。

 

迷惑メールフォルダに入ってしまう

メルマガ配信でありがちなのが迷惑フォルダに入ってしまって受信に気付かれないことです。

迷惑フォルダの設定は面倒に感じる人も多いため、対策がしづらいのが難点と言えます。

しかし、迷惑フォルダの設定変更を促したり、見てもらうように伝えることは諦めずにやっておきたい対策のひとつです。

関連記事

メルマガ(=メールマガジン)は起業している人でも企業でも取り入れているところは多いはずです。しかし「メルマガって何?」と聞かれると明確に説明することができる人はどのくらいいるでしょうか。 ここではメルマガと[…]

メルマガとは何か?|メルマガを使って収益を伸ばす方法まで解説

 

メルマガ配信における2つの注意点

メルマガ配信における2つの注意点

メルマガ配信には次の注意点があります。

  • 配信する時間帯に注意する
  • 配信停止する方法を明記する

それぞれ詳しく見ていきましょう。

 

配信する時間帯に注意する

メルマガ配信は思いついたことをつぶやくように発信するだけでは効果が薄くなります。購読者の属性に合わせた時間帯に送信するのがベストです。

参考例は以下の表で確認してみましょう。

購読者時間帯理由
会社員①21:00~23:00仕事から帰って一息着く時間帯
会社員②6:00~8:00

17:00~19:00

通勤の時間帯
主婦(夫)14:00~16:00一通り家事が終わって夕食の準備に入る前の時間帯
中高年5:00~8:00早く起きて活動を始める人も多いため

上記の表はあくまでも一例ですが、狙った購読者のライフスタイルに合わせた時間帯に合わせましょう。

 

メルマガを配信するときには特定電子メール法を理解しておこう

メルマガを配信するときには特定電子メール法を理解しておこう

特定電子メール法とは、簡単にまとめると「メールを希望した人にだけ送る(オプトイン)。配信停止を希望した人には送らない(オプトアウト)」という法律です。

 

配信を希望する人にのみ送る(オプトイン)

メルマガ配信は、受診を同意した人にしか送れないということに注意しましょう。つまり、何かしらの方法で得た他人のメールアドレスに勝手にメルマガを送ることはできないという事です。

 

配信停止を希望した人には送らない(オプトアウト)

メルマガ購読者から、配信停止を希望された場合はメールを止めなければいけません。メルマガには「配信停止」のリンクをつけて、いつでも停止できる方法を記載しておきましょう。

メルマガ配信を初めてファンを増やそう!

メルマガ配信は商品やサービスを周知するためや自分のファンを作るためには便利なツールです。

購読者を増やすためには、目的を明確にしてブレない内容を心がけましょう。

メルマガ読者が増えた分、売上にも繋がる可能性があるため、商品やサービスを普及させたいのであれば始めてみてはいかがでしょうか?

途中で配信内容や商品を変更することも可能です。さまざまな配信を行いながら開封率や成約率を比較してメルマガの内容を仕上げていきましょう。

動画再生画面イメージ