メルマガとは何か?|メルマガを使って収益を伸ばす方法まで解説

メルマガ(=メールマガジン)は起業している人でも企業でも取り入れているところは多いはずです。

しかし「メルマガって何?」と聞かれると明確に説明することができる人はどのくらいいるでしょうか。

 

ここではメルマガとは一体何か、どんな目的で使われているのか、メルマガを使う必要性などの視点から解説をしていきます。

現在ではLINE@という新しいツールも出てきていますが、それでも起業したらメルマガを使った方が良いということに変わりはありません。

ぜひメルマガについて把握をして、ビジネスの売上アップに活用をしていきましょう。

 

メルマガとは何か?

メルマガはメールマガジン(Mail Magazine)の略称で、発信者となる企業や起業家などのビジネスを展開している人などから、メールアドレスを取得した購読者に対し一斉に情報を発信するメールのことを言います。

メルマガは、事前に発信する情報(メールテキスト)を作成し、メルマガ配信システムを介し指定した時間にメルマガ購読者全員、もしくは指定したメール配信リストに対しメールを配信することができます。

しかし、メルマガは一斉に大多数の人に向けた情報発信ができる一方で、情報提供者からの一方通行的なコミュニケーションツールとなり、双方からのやり取りができないという要素も持ち合わせています。

 

そうしたメルマガを用いたマーケティングのことを「リストマーケティング」と呼ばれています。

 

メルマガとステップメールの違い

メルマガとステップメールという言葉を聞いたことがあるかもしれませんが、ここではその違いについても解説しておきます。

メルマガとステップメールは基本的な考え方としては同じものとして捉えることができます。

違いとしては、メルマガは購読者に対して、1通のメールを購読者に対して配信する方法に対し、ステップメールは事前に用意しておいたメールを指定するタイミングでメールを配信する方法となります。

どちらにも配信する情報に目的がありますが、メルマガ単体よりもステップメールの方がより目的を達成する為のものとして考えられ、その違いにはステップメールの場合は発信する情報のシナリオを組み立て購読者に最終的にある行動をしてもらう為に用いられます。

 

メルマガ

  • 1通のメールを指定した時間に配信する
  • 主に関係構築を築く為に用いられる
  • 接触頻度などを保つ為に用いられる
  • 発信者からの一方的な情報提供

 

ステップメール

  • 複数のメールをしてした時間にあらかじめ設定し配信する
  • 主に目的達成の為に用いられる
  • 接触頻度よりも教育や販促などに効果的
  • 発信者からの一方的な情報提供

 

メルマガ2つの配信方法

メルマガの配信方法にはテキスト形式とHTML形式の2種類の形式があります。

  • テキスト形式:テキストのみで作る方法
  • HTML形式:画像や装飾を入れることができる方法

 

テキスト形式の特徴

メールの文章となるテキストだけが配信される方法で、専門知識など必要とせず誰でも簡単に発信することができます。

その反面で、読みやすさを作る為には記号や改行などをうまく活用する必要がありますが、作り方や工夫次第ではユーザーが読みやすいメルマガを作ることができます。

ただし開封率(後述します)を図ることができないというデメリットもありますが。

 

HTML形式の特徴

HTML形式でのメルマガは、画像を挿入したり、文字の装飾ができるのが特徴です。

レイアウトにもこだわることができ、見た目的にもユーザーが読みやすい、わかりやすいメルマガを作れるようになるのもHTMLの特徴になります。

テキスト形式とは違い、メールの開封率の計測も可能というメリットがありますが、反面でユーザーの閲覧環境によっては画像や装飾がうまく表示されないこともあるので注意が必要というデメリットも存在しています。

 

メルマガの必要性

メルマガを配信することには大きく3つの目的があります。

  1. 関係構築
  2. リスト教育
  3. 販促活動

メルマガにしても、ステップメールにしても、その目的は変わらず存在しています。

 

メルマガの必要性①|関係構築

関係構築とは、ビジネスを展開している企業や起業家側とメルマガに登録をしてくている購読者(メルマガリスト)との信頼関係と置き換えることができます。

ここで伝える信頼関係とは、あくまでも発信者からの一方的な情報発信となる為、発信者からの情報が購読者(以下ユーザー)に対して有益性のあるものであることが重要になります。

有益性のある情報とは、ユーザーが読んで為になる、読んでいておもしろい、読むことで何かが得られる、何かが変われそうなどの変化を与えることができるかどうかなども含まれ、価値ある情報を発信することでユーザーから「あなたからの情報をもっと欲しい」「あなたのメッセージをもっと受け取りたい」という状態を作る為に必要なものとなります。

 

もう一つ大切なことを加えると、ユーザーがあなたのメルマガに登録をしていたとしても、それは数多く送られてくるメールの中の一つでしかなく、あなた自身に最初から強い興味を持っていないという壁を乗り越える為にもメルマガは存在しています。

つまり、メルマガを発信するあなたの存在を認識してもらうこともメルマガの役割となってきます。

 

メルマガを発信することで関係を築く3つのポイント

  1. 接触頻度を持つ
  2. 認知してもらう
  3. 信頼関係の構築(ラポール)

 

メルマガの必要性②|リスト教育 

リスト教育とは、ユーザーに対し知識やノウハウ、ハウツーを提供することであなたに関心を持ってもらうことです。

次に紹介する販促活動にも繋がりますが、今までそれほどまでに興味が無かったとしても、次第にその商品が必要である、もしくは欲しかったことに気づくような特徴や機能、メリットなどを教えていくこともリスト教育の重要な役割を担っています。

また、リスト教育において大切なlことは、あなたの価値観やビジョンやミッションの共有と合わせて、ユーザーとの共通言語を作ることもポイントとなります。

 

共通言語は下記のように考えることができます。

  • ユーザーが知っている言葉の意味を書き換える
  • あなたの言葉とユーザーの言葉の差異を無くす
  • 思い描くゴール設定を共通のものとする
  • 同じ言葉でも違う考え方があるギャップを埋める

 

メルマガの必要性③|販促活動

メルマガを使うことの一番の目的はここでお伝えする販促活動にあります。

ビジネスの一環としてメルマガを取り入れるということは、経費を使ってシステムを活用しているということになります。

ボランティアや趣味でメルマガを発進している場合を覗き、ビジネスで使うのであれば売上を作らなければシステム使用料は無駄な経費として存在してしまいます。

 

メルマガの必要性として①と②で紹介した内容も、全てはビジネスにおける売上を上げる為の準備として必要な活動になるということです。

 

メルマガを販促活動で使うメリット①|コストが抑えられる

メルマガはメルマガ配信システムを活用することで活用することができますが、費用としてはリストの数(購読者数)によって変動してきます。

 

費用の目安としては2000円前後/月~と比較的安価に活用することができるのもメルマガを活用するメリットとなります。

もし仮に紙媒体であるダイレクトメール(DM)やハガキDMなどを用いようとする場合は、紙代、印刷代、郵送代、場合によっては人件費や外注費が発生し、コストが高くつきます。

しかしメルマガの場合は、インターネットを介して情報を送る為。物理的コストは発生せずに、少しの手間をかけるだけで大多数のユーザーに向けて情報を拡散することができます。

 

メルマガを販促活動で使うメリット②|プッシュ型として即効性が高い

マーケティングの手法にプッシュ型とプル型というものがあります。

プル型の手法は、ユーザーが行動するのを待ち受ける方法で、必要な情報を発信するがビジネスを展開している側からユーザーの行動を促すことはありません。

店舗を出しているビジネスを例にすると下記のようになります。

 

  • 店舗に看板を出す
  • 立て看板にリーフレットなどを差し込んでおく
  • ブログを活用して興味を持った人を待つ

など

 

売上に繋げる活動ではありますが、売り手側からのアクションとしては即効性はなく、あくまでも受動的なマーケティング手法となります。

一方のプッシュ型は、ユーザーに対して売り手側がアプローチしていく手法となります。

 

  • 店舗のチラシを出す
  • ランディングページを広告に打ち出す
  • 店舗の前での呼び込みをする

など

 

売り手側が率先してユーザーの行動を促し、行動をしてもらう手法がプッシュ型となります。

つまり、売上を作る上で即効性が高く見込めるということです。

メルマガは比較した際のプッシュ型の手法となり、コストを抑えながらも即効性のあるマーケティング手法として取れ入れることができます。

 

メルマガを販促活動で使うメリット③|ユーザーの反応を計測できる

メルマガを用いる最後のメリットとしては、ユーザーからの反応をダイレクトに知ることができるということです。

メルマガ配信の方法によっては、メルマガの到達率、開封率、クリック率などを計測することができます。

 

  • メルマガの到達率 = 一斉配信した情報が相手に届いた割合
  • メルマガの開封率 = ユーザーのメールボックからメールを開かれた割合
  • メルマガのクリック率 = メルマガの中で添付したURLをクリックされた割合

 

こうした数字での計測が一括で計測、管理できることもメルマガを販促活動に用いるメリットとなります。

 

到達率が低ければ、配信システム側の問題が一番に考えられ利用するシステムを変更することを視野に入れることが求められます。

開封率が低くれば、そもそもメールが開かれていないということなので、発信するメルマガのタイトルを開きたくなるように改善することが求められます。

クリック率が低ければ、商品の販売ページを見られていないとうことにも繋がるのでクリックしてもらえるように文章を見直す必要があります。

 

上記のように、数字で計測することができれば、どこを改善するべきなのかなどを瞬時に把握することができるようになります。

これがもしDMやチラシなどの場合は、そもそも見られているのかがわからないという状態から始まり、問い合わせのあった人からの反応だけが数字で計測することができるものになります。

 

メルマガを配信する際のポイント

メルマガを配信することは誰でもできますが、目的を達成(売上の獲得)する為にはあなたのメルマガを読んでもらい、興味関心を高める必要があります。

その為にはメルマガで発信する情報の質、ユーザー目線での価値提供、行動換気を促す文章の作り方やユーザーに取ってもらいたい行動を明確に示すことが求められます。

 

メルマガで発信する情報の質を高める

情報の質と一言で表しても、実際には難しくあなたがどんな情報を発信しているのか、あなたがユーザーに提供したいサービスによっても変わってきます。

その為、ここでは情報の質を高めるオススメの記事内容を紹介します。

  • ユーザーの悩みを解決する情報
  • ユーザーに寄り添う共感を与える情報
  • 活動における最新情報
  • ユーザーが知りたいと思っている情報
  • ユーザーの常識を覆すような情報

 

メルマガを配信する際にユーザー目線で考える

メルマガを配信する際には読みやすさ、分かりやすさという点もとても重要になります。

その際に記載されているとユーザーが安心する情報などと合わせて下記に記載します。

 

  • あなたと自身の人柄が見える情報
  • お客様の声の提供
  • 改行を用いた見やすさ
  • 難しい言葉を使わないわかりやすさ
  • 具体例などを活用したイメージのしやすさ

 

上記の要素を取り入れることで、情報を発信する側と読み手側のユーザーとの間でのコミュニケーションを図りやすくすることができるようになります。

メルマガはあくまでもコミュニケーションを図る為のツールです。

ユーザーがあなたの情報を受け取った際に、身近な存在としていられることを考えることもとても大切な考え方となります。

 

メルマガを作る際の4つのポイント

  1. 件名をしっかりと明確に書く
  2. 名前をしっかりと明記する(○○です、From.○○) 
  3. 1人に向けて語りかける(みなさんではなくあなた) 
  4. 1メルマガ1コンテンツ(伝えたい事は一つに絞る) 

 

メルマガで価値を伝える、商品やサービスを購入してもらうことが主たる目的ですが、そうした目的を達成する為にはメルマガの作り方をしっかり抑えておく必要があります。

 

件名をしっかりと明確に書く

件名とはメルマガのタイトルのことです。

ユーザーのメールボックスにはあなたからのメールの他にも多くの情報が毎日届いています。

そうした大多数の中からあなたのメールを見てもらう為にも、ユーザーがクリックしたくなるようなタイトルを作る、ユーザーが思わずクリックしてしまうタイトルを作ることがポイントとなります。

 

名前をしっかりと明記する(○○です、From.○○) 

メルマガを開いたら、誰からのメールなのかをユーザーにしっかりと伝える必要があります。

こんにちは!

○○コンサルタントの○○です!

 

こんにちは!

株式会社○○の○○です!

 

上記のように、誰からのメッセージなのかを伝えることで、ユーザーはあなたの名前を覚えていき、価値ある情報を提供し続けることであなたからのメールを読む必要性や読みたいという欲求を作ることができるようになります。

 

1人に向けて語りかける(みなさんではなくあなた) 

メルマガは多数の人に向けて送られる為、つい「皆さん」などの言葉を使ってしまいがちですが、ユーザーから見ればあなたから届いた1つのメールでしかありません。

手紙でも多数の人に向けられたものよりも、個人宛に向けられたものの方が大切なものです。

メルマガを書く際には、必ず「あなた」などの言葉を用いて一人の人に向けてのメッセージとして作ることを心がけましょう。

 

1メルマガ1コンテンツ(伝えたい事は一つに絞る) 

情報を発信していると、つい言いたいことが広がってしまい内容が膨らみすぎてしまうことがあります。

メルマガを作る場合には、1つのメルマガの中で伝えたいメッセージは1つに絞ることをここがけましょう。

脱線をしてしまうようなら、次のメルマガで発信するなどをして、1メッセージに絞り込みユーザーにわかりやすく、読みやすい内容を作ることがメルマガを発信する際のポイントとなります。

 

メルマガの構成

メルマガを書く際には下記の構成を一つの参考として1つづつ組み立てていきましょう。

  • 送信者名
  • 件名
  • オープニング
  • ストーリー
  • スイッチ
  • コンテンツ
  • クロージング
  • P.S.

 

送信者名

これは、メルマガの初期設定で一度決めておければ毎回設定する必要はありません。

誰からのメールなのかが一目でわかるように名前を記載しておきましょう。

ポイントとしては、個人名や会社名でなくても問題なく、登録してくれた際のプロモーション名を記載しておくのも効果的です。

 

件名

先ほどにも解説したように、件名はメルマガのタイトルを指しています。

読みたくなる、ついクリックしたくなる、読む必要性がある。

そうしたタイトルを作ることを心がけていきましょう。

 

オープニング

オープニングは、毎回同じでも問題ないのでテンプレートとして作ることもオススメするパーツですが、冒頭の挨拶と自己紹介、そして何を伝えるのかの「結論」を伝える場所になります。

 

ストーリー

ストーリーとは、あなたが体験したことや、あなたの身時な話などを用いてユーザーがつい読んでしまう流れを作る場所になります。

人はストーリーのあるものには興味を持ちやすく、読みやすさからも読んでもらいやすくなります。

 

スイッチ

メルマガであなたの話ばかりをしていても、ユーザーに価値が提供できなれば今後読む必要性がなくなってしまいます。

ストーリーの部分での内容をユーザーにとって必要なものに置き換える為にスイッチという手法を使い、文章を切り替えていきます。

 

  • しかし
  • そうしたことは
  • ですが
  • では

 

上記などの言葉をストーリーとノウハウなどの切り替えの合図として、文章にメリハリをつけることができます。

 

スイッチの参考例(簡略的に紹介します)

こんにちは、○○です!

今日は「コンサルタントとしての在り方」についてお伝えします。

今日もいつものように行き着けてのカフェに向かっていました。

 

その道中でタバコのポイ捨てをする人に遭遇しました。

タバコを吸う人の気持ちもわかりますが、ポイ捨てをする気持ちは理解することができません。

タバコを吸ったなら自己責任でちゃんと吸い殻入れに捨てなさいと思ってしまいます。

 

しかし、こうしたことはコンサルとして活動していても起こることです。

 

タバコのポイ捨ての話をしましたが、セールスというものに置き換えて考えてみてください。

 

人の感情を煽ってでもセールスを成功させたいという気持ちはわかる。

しかし、成約をした後に顧客のフォローをしない人や顧客の為に活動できない人はタバコのポイ捨てをする人と同じだと考えます。

 

・目的=タバコを吸う:売上を作る(セールス)

・その後=ポイ捨てをする:顧客に寄り添わない

 

実際に私の周りでも、こうした被害に遭っている人を何人も見ています。

クライアントを獲得したなら、責任を持ってクライアントに寄り添う。

 

あなたもコンサルとして活動するなら、ポイ捨てする人になるのではなく、寄り添える人になってください。

それがコンサルタントとしての在り方です。

 

上記は一例ですが、冒頭で伝えたことを「しかし」という言葉を用いてビジネスに関連する内容に転換させています。

※内容は思いつきなのであまり詮索しないでください

スイッチはこのように前の情報と後ろの情報を切り替える際に効果的に活用することができるので、手に入れておいて損のないものでrす。

 

コンテンツ

コンテンツとは、ユーザーにとって価値のある情報、あなたが伝えたい情報の部分です。

 

  • ノウハウやハウツーなどを伝える
  • 伝えたいメッセージを伝える
  • ユーザーが自分ごとと捉えられるものを伝える

 

内容はどのようなものでも問題ありません。

大切なことはユーザーにとって価値ある情報を提供することだと覚えておきましょう。

 

クロージング

クロージングは販促を目的とした場合に必須となります。

セールスレターに繋がるURLをクリックしてもらう、申し込みフォームのリンクをクリックしてもらうなど、ユーザーに取ってもらいたい行動はありますが、そうした行動を取ってもらう為に誘導する文章がクロージングとなります。

言い換えれば、クリックする背中の後押しをする。

クリックする必要性をユーザーに伝えることです。

 

P.S.(追伸)

メルマガを開かれた場合、最初と最後が一番見られるという統計が出ています。

冒頭で何を伝えるのかの「結論」を伝えているのであれば、P.S.の箇所ではまとめの内容やユーザーに取ってもらいたい行動を再度伝えることで、伝えたいメッセージを見てもらいやすくすることができます。

最初と最後が肝心とは言いますが、メルマガでも同じことです。

中身でどんなに素晴らしいことを言っていても、最後がまとまっていないものは読まれなくなってしまいます。

気をぬかずにメッセージを作っていきましょう。

 

 

まとめ

ここではメルマガについて解説をしました。

メルマガはビジネスにおいて売上を上げるツールとして、今も絶大な効果を発揮してくれます。

まだメルマガを導入していないなら、1日でも早い導入をオススメします。

すでにメルマガを導入しているけどリストが増えないと悩んでいるなら下記の記事も合わせてチェックしてください。

パソコン用の画像

$(function () { winW = $(window).width(); if ( winW < 600 ) { //フッターメニューのアコーディオン $('#footer_ban').hide(); $(window).scroll( function(){ if( $(this).scrollTop() < 30 ){ $('#footer_ban').slideUp('slow'); } else { $('#footer_ban').slideDown('slow'); } }); } } );