「やりたい事」と「やらなければいけない事」どっちを優先すべきか?

どうも、仙道です!

「やりたい事」と「やらなければいけない事」どっちを優先すべきか?
よく話題に上がることではないかと思います。

別の言葉では「have to」「want to」というように言われます。

 

起業に当てはめると「起業しなければいけない」「起業したい」というようになるわけですが、実際どちらが強い行動力を生むと思いますか?

 

今回は「やりたい事」と「やらなければいけない事」について、掘り下げていきたいと思います。

ビジネスの成功にもつながる部分であると思いますので、知っておいてください。

「やりたい」で行動することは正しいのか?

本屋に積まれている成功本には「やらなければいけない」で行動するとモチベーションが下がる。

だから「やりたいで行動せよ」ということがよく書かれています。
あなたもどこかで見たことがあると思います。

 

では、「want to」で行動する方が本当に良いのでしょうか?

「起業したい」と思った方が、「起業しなくてはいけない」より強い行動力が生まれるのでしょうか?

 

私の考えは少し違います。

実は「have to」も「want to」も両方必要であると思うのです。

 

なぜでしょうか?
それには、理由がハッキリとあります。

「want to」だけでは、あなたの行動は昨日と変化しないからです。

 

もしあなたが、今日も明日も明後日も、すべて「want to」で行動したらどうなりますか?

「ずっとTV見続けよう」
「ずっと、寝てよう」
「できるだけ会社の仕事サボろう」
「ネットサーフィンを好きなだけやろう」
「起業の準備サボる方が楽だからサボろう」
「自己啓発本を読み続けよう」
「アフィリエイトは明日からでいいや」

つまり「want to」の基準が「昨日までしていた楽な事」になりがちなので「昨日と同じ行動パターン」になってしまうのです。

 

あなたは、そんな俺の「want to」は10年後に年収1億なのにと思っていますか?

人間は、10年後の快楽より今日の快楽の方が大事な生き物です。

「want to」=現状維持になりがちなので、注意すべきなのです。

 

最初は「have to」その次に「want to」

「じゃあどうするのよ?」「want toがダメなら人生楽しくないよ」となりそうです。

 

そこで「have to」の出番です。
最初だけ「have to」の力を使うのです。

 

私は「起業の準備メンドイな~」と思った瞬間「何が何でもやらなければいけない!」「自分は起業しなくてはいけない理由がある!」と自分に言い聞かせていました。

さらに「今、起業の準備をしないと、どんな痛い目を見る?」「今、最優先すべき事はなんだろう?」という質問を足していました。

 

すると

  • さっさとビジネスモデル探そう
  • さっさと営業しよう
  • さっさとコーチングプログラムを検証しよう

このようにスタートダッシュを切れるようになるのです。

なぜなら「人間は快楽よりも痛みを避けるエネルギーの方が強い」原則に従っているからです。

 

さらに「have to」の良いところは「痛みは最初だけ」なので、気がつけば「want to」に変化しているという点です。

あなたが、部屋の掃除をする時を思い出してください。
「めんどいな~」「後でやろうかな~」などと思いませんか?

もしくは、初めての仕事、慣れない場所に行ったとき「緊張するな~」「早く帰りたいな~」と思いませんか?

しかし、掃除を始めたり、新しい場所に慣れ始めると「あら、掃除楽しいな~」「最近この場所が落ち着くな~」というように変化していくのです。

これが「have to」から「want to」に変わるプロセスなのです。

最初からwant to を目指すと現状維持のままですが、have to を通りwant to に変わると、行動習慣が変わります。

  • ダイエットも
  • 仕事も
  • 人間関係も
  • 起業も

新しいhave to を経過してwant to になった時に、あなたは波に乗るのです。
起業に向かって行動するのがwant toになるわけです。

最短で「have to 」を「want to」に変えるには?

「have to 」から「want to」に変えていくことが重要であると分かったら、出来るだけ早く「have to 」から「want to」に変えたいと思いませんか?

 

「やらねばならない」が「やりたい」に変わるわけですから、「やらねばならない」という状態を極力短くしたいのです。

秘訣は「めんどいのは最初の2~3分だけ」です。

 

もっと具体的な策を紹介すると「have to 」タスクは2~3分やったら止めようと思って始めてください。

例)起業するためにビジネスモデル探さないと。

→メンドイな~
→そうだ、2~3分探して止めよう
→グーグルで「ビジネスモデル」と検索
→おお、色々出てきた!!
→なるほど、こんなビジネスモデルがあるのか!?
→楽しいな!どのビジネスモデルにしようかな?
→他にも、色々あるな!!
(探しているうちに・・・)
→あれ、もう10分以上経過している。

例)とりあえず、アフィリエイトをしてネットビジネスのカラクリを知ろう

→メンドイな~
→そうだ、2~3分だけやって止めよう
→どの商品をアフィリしようかな。
→利益が大きいのがいいかな~
→アフィリ登録ってA8!?でやるのかね?
→おお、自分の銀行口座を登録したら報酬が振り込まれるカラクリだな!
→カラクリはよくできているな~
→後は、ブログで商品を紹介すればよいのだな!
→さあ、やるぞ!
→あれ、もう10分以上経過している。

お気づきでしょうか?

「最初の2~3分」をクリアすると「have to」が「want to」にどんどん変化しているのが。

 

「最初の2~3分で止めよう」と考えれば、すんなり始められます。

さらに、すんなりと10分オーバーするのです。

 

この現象は、「行動できている自分を認識する」ことで「自分は行動できる人間である」という「暗示」がどんどん強くなるからだと、考えられます。

「行動」と「テンション」は比例の関係であり、「行動すればするほど、気分は上昇してくる」わけです。

 

よって、「行動習慣は最初の2~3分で勝負が決まる!」と言って良いでしょう。

まとめ

「やりたい事」と「やらなければいけない事」どっちを優先すべきかということについて解説しました。

 

「やりたい事」だけで行動しようとしても、人は楽な方、楽な方へと進んでしまいます。

そうならないためにも、「やらなければいけない事」「have to」を活用するのです。

「have to」を上手く活用して「want to」に変えていきます。

 

ビジネスに限らず、様々な場面で活用できるますので、上手く活用してやりたいことにしていてください。

$(function () { winW = $(window).width(); if ( winW < 600 ) { //フッターメニューのアコーディオン $('#footer_ban').hide(); $(window).scroll( function(){ if( $(this).scrollTop() < 30 ){ $('#footer_ban').slideUp('slow'); } else { $('#footer_ban').slideDown('slow'); } }); } } );