ブログでSEO上位を獲得できる文字数は何文字?|読まれる適切な文字量とは

仙道

どうも、仙道です。

ワードプレスを用いたブログを作る場合、SEO対策は最重要項目として挙げられます。その時、SEOで上位表示を獲得するために文字数が一つの指標となってきます。

 

SEOとはユーザーが検索をした際に、検索結果の上位にあなたのブログ記事を表示してもらうための手法です。

検索順位が低くなればなるほど、あなたのブログ記事が見られることはありませんし、見られないということはリストも取れなければ広告収入も得にくくなってしまいます。

そうしたSEO対策の中で、一つの記事=コンテンツを作る際に文字数を何文字にすれば良いのか。文字数はどのくらいあればSEOで上位表示される評価されるのか、SEOと文字数の関係性について紹介をしていきます。

ブログでSEO上位を獲得できる文字数とは何文字か?|読まれる適切な文字量

ブログでSEO上位を獲得できる文字数とは|読まれる適切な文字量

SEOを意識していれば下記のような項目を意識する必要があります。

  • キーワード
  • 記事数
  • 記事の更新頻度
  • 内部リンク対策
  • 外部リンク対策
  • 画像を有無
  • 記事の質

 

そうした中で、特に難しく考えられてしまうことがあります。

それが、記事の質=コンテンツの質です。

 

Google側からも、ユーザーに価値のあるものを提供していることがプラス評価を得る一つの指標になると公開されています。

記事の質として考えると、1つの記事の中で使用される文字数やキーワードの選び方などに絞られてきます。

 

  • 様々なブログやセミナーで伝えられていることを見ていると、2,000文字以上は書きましょう
  • 文字数は多ければ多い方が良い

 

などのように教えている人も実際少なくありません。

では、SEOとしてブログを上位表示させようと思った時、本当に文字数が関係してくるのかを見ていきましょう。

ブログでSEO上位を獲得できる文字数とは|読まれる適切な文字量

SEOの視点で見るなら記事の質と同じくらい何文字のブログ記事かを考える

SEOの視点で見るなら記事の質と同じくらい何文字の記事かを考える

Googleからも求められているコンテンツの質、つまりはユーザーにとって価値のある情報を発信するということですが、記事の質と文字数は別ものとして考えることが重要になってきます。

 

ユーザーにとって価値のある情報として考える場合、ユーザーが検索するキーワードに対して、求められている回答が提示できているのかと考えることがユーザー第一に考えた記事となってきます。

 

もっとシンプルに言えば、「検索キーワードに対してユーザーに必要な情報」を提示しましょうということです。

 

ブログを書いている人に多く見られる傾向として、キーワードや文字数に意識が引っ張られてしまい、ユーザーが求めていることに答えられていないケースが多々存在しています。

 

キーワードをいくつ入力して検索をしているのか、複数になればなるほど具体的なことを探している傾向になります。

 

対して、キーワードが一つの場合は具体的なことと考えるよりも、そもそもどういったものなのか、意味は何か、などを求められていると考えることができます。

検索時のキーワードが多いか少ないかで書く内容や求められる記事の内容は変わってくるということです。

ブログの記事数は必要か?結論:売上に繋げる視点で見るべき

 

検索キーワードによって何文字のブログ記事かが変わる

検索キーワードによって何文字の記事かが変わる

検索キーワードが多ければ多いほど、ユーザーはピンポイントな答えになるものを求めている傾向が強くなります。

 

それに対し、検索キーワード数が少なければ少ないほど、抽象度の高いものを求めているという表現をすることができますし、広い意味合いを求められる傾向があります。

 

検索キーワードが多い場合

検索キーワードが多い場合は、その一つの答えを求められる中で、より深掘りをすることでより中身の濃いコンテンツを作ることができるようになります。

 

参考例1

検索キーワード:コンサルタント ワードプレス アクセスアップ 実績

上記のようなキーワードで検索をしている場合、何を知りたいのか明確になりますよね。

このキーワードから知りたいであろう情報は、ワードプレスを使ったブログやホームページへのアクセスップを専門としているコンサルタントを探しており、実績のある人を求めていると考えることが容易にできます。

 

参考例2

検索キーワード:群馬 温泉 四万 日帰り オススメ

上記のようなキーワードの場合でも、群馬県にある四万温泉で日帰りで入れる場所を探しているということが簡単にイメージできます。

さらに、オススメと入っている時点で人気のある場所や口コミなどを参考にしたいと思っている可能性があるということも考えることができます。

 

上記の2つの参考例のように、検索時のキーワードが多ければ多いほどユーザーが求めていることはイメージがしやすく、何を記事として書けばよいのかが明確となります。

 

検索キーワードが少ない場合

検索キーワードが少ない場合は、キーワードが多い場合とは違う視点で考える必要が出てきます。

 

参考例1

検索キーワード:SEO対策

上記のキーワードの場合、SEO対策について知りたいということはわかります。

しかし、SEO対策の何を知りたいのかは曖昧な状態です。

・SEO対策の意味を知りたいのか
・SEO対策の方法を知りたいのか
・SEO対策を取り入れたいのか
・SEO対策をした方がよいかの判断材料を探しているのか

一つのキーワードだけの場合は特に様々な視点で仮説を立てることができます。

 

参考例2

検索キーワード:ワンピース(ONE PIECE)

上記は漫画(アニメ)のワンピースのタイトルだけを入力しています。

ワンピースの何を知りたいのかは正直わかりません。

・ワンピースという漫画のことを知りたいのか
・ワンピースの名言を知りたいのか
・ワンピースのキャラクターを知りたいのか
・ワンピースのあらすじを知りたいのか
・ワンピースの最新情報を知りたいのか

・もしかしたらファッションに関するワンピースかもしれませんね。

 

特に検索に慣れていない人の場合は、最初になんと検索をすれば良いのかがわからないというケースもあります。

 

本当は知りたいことがあるにも関わらず、どう検索したらいいのか言葉が見つからないが故に単独キーワードになるというケースです。

 

そうした場合、キーワードが少ないのでユーザーが何を知りたいと思い検索しているのか絞り込むことが難しくなってきます。

 

この場合はどこまでキーワードに触れた内容を書くかによって文字数は変動してきます。

 

特に、その言葉の意味を探しているケースの場合は長文にする必要すらないケースもあります。

 

検索キーワードとブログ文字数の関係性

検索キーワードと文字数の関係性

ここまでに検索キーワードとコンテンツの関係性について紹介しましたが、実際に文字数という視点に戻して解説をしていきます。

結論から言うと、SEOとして考えれば文字数が多い方が評価はされやすい傾向にはあります。

 

  • 1,000文字よりは2,000文字
  • 2,000文字よりは5,000文字
  • 5,000文字よりは10,000文字

 

その考え方を考えてみた理由としては、ユーザーに必要な情報を届けようと思えば、2,000文字くらいは必要になるであろうという一つの答えです。

 

しかし、実際のところで考えるとユーザーの求めていることに対して答えられているのかが重要になってきます。

 

Googleのクローラーが記事の内容に対して、質が良い、質が悪いと決めることはできません。

(日々進化しており、質の良し悪しを判断できるようになってはきています)

 

しかし、その記事を見た時に、1記事(1コンテンツ)に対しての滞在時間やセッション数、離脱率などの数字を指標にして1コンテンツを含むサイト全体の評価は対象となってきます。(Google Analyticsで計測します)

 

正直な話、文字数を増やすだけならば、何を打っていても文字数には変わりありません。

 

しかし、そのページを見に来てくれたユーザーが知りたい情報がない。

 

この記事(コンテンツ)には価値がない、読む必要性が感じられないとすぐにページを閉じてしまっていては、サイトとしての評価はマイナスになっていきます。

 

大切なことは、ユーザーにとって価値のある情報を提供できているのかどうか。

 

検索キーワードに対して、ユーザーが知りたいと思っている情報をしっかりと提示できているのかがポイントになってきます。

 

検索キーワードに対して、しっかりと深掘りして他のライバルサイトよりも詳しく書こうと思えば、文字数は自然と増えていきますし、最低限の情報を出して終わりであれば文字数が多くなることはありません。

 

SEO対策として文字数を増やそうと考えると中身が薄くなってしまいがちですが、ユーザーのことを考え記事を作れば文字数は自然と増える。

このように捉えてブログ記事を作成していければ結果は自然と後からついてきます。

 

何文字のブログ記事が適切かは検索キーワードを深掘りすればわかる

何文字の記事が適切かは検索キーワードを深掘りすればわかる

深掘りするということは、ユーザーが求めている答えがそこにあることが前提となり、さらにそこからユーザーにとって価値のある情報を書き加えるということです。

 

ノウハウやハウツーを提示するなら下記のようになります。

 

  • 実例を書く
  • 参考例を書く
  • 実際のステップを書く
  • ステップごとの解説を書く
  • 補足を加えながらさらに詳しく解説する

 

上記のように、1つのことであってもどこまで掘り下げるかによって文字量は変わってきます。

 

本ブログの記事を参考にしても、多いものでは30,000文字の記事があります。

 

しかし、滞在時間やセッション数を見てみると、平均で5分以上は滞在しており、直帰率も40%前後と1記事(1コンテンツ)を見た人は他の記事も見てくれている傾向が強いということがわかります。

 

30,000文字を最初から書こうと思って記事を作ったわけではなく、見に来てくれたユーザーが行動レベルで使えるものにしようと考え記事を書いていたら、結果として30,000文字になってしまっただけです。

 

つまり、最初から文字数を意識して書く必要はなく、ユーザーが求めていることに対して価値ある情報をどこまで発信するのか自分自身で決めるだけのことです。

 

そうした結果、SEOとしてプラスの効果が生じるのか、ペナルティに繋がるのかはやってみなくてはわからないことです。

 

SEO対策としてのブログ記事の文字数|結論

SEO対策としてのブログ記事の文字数|結論

ここまで検索キーワードから紐解き、文字数が増える傾向について触れてきました。

 

SEO対策として考えるのであれば、2,000文字以上はあった方が良いことには変わりありません。

 

しかし、文字数が多ければ良いのかというとそうではないということです。

 

検索ユーザーのことを考えた結果、文字数が多くなったのであればそれが一つの正解です。

 

無理に文字数を増やそうと考え記事を作るくらいなら、2,000文字でも3,000文字でも良いので、ユーザーの為になる記事を量産してあげた方が結果として見た時にSEOとして評価が得られることはざらにあります。

 

SEO対策と一言でいっても、これが正解という100%のものなんて存在していません。

 

ですが、Googleが提唱している良いコンテンツの定義に則り記事を書くことがSEOとして評価されることだけは間違いありません。

文章が上手くなる3つの方法|ブログで読んでもらえる文章の作り方

 

ブログをSEO検索上位に出したいなら

ブログをSEO検索上位に出したいなら

紛れもなく正しい答えを打ち出すなら、Googleが打ち出しているガイドラインに則った施策をそのまま行うことです。

ウェブマスター向けガイドライン

https://support.google.com/webmasters/answer/35769?hl=ja

 

主な内容

一般的なガイドライン

  • Google がページを検出できるよう手助けする
  • Google がページを理解できるよう手助けする
  • 訪問者がページを利用しやすいよう手助けする

 

品質に関するガイドライン

基本方針

  • 検索エンジンではなく、ユーザーの利便性を最優先に考慮してページを作成する。
  • ユーザーをだますようなことをしない。

 

具体的なガイドライン

次のような手法を使用しないようにします。

  • コンテンツの自動生成
  • リンク プログラムへの参加
  • オリジナルのコンテンツがほとんどまたはまったく存在しないページの作成
  • クローキング
  • 不正なリダイレクト
  • 隠しテキストや隠しリンク
  • 誘導ページ
  • コンテンツの無断複製
  • 十分な付加価値のないアフィリエイト サイト
  • ページへのコンテンツに関係のないキーワードの詰め込み
  • フィッシングや、ウイルス、トロイの木馬、その他のマルウェアのインストールといった悪意のある動作を伴うページの作成
  • リッチ スニペット マークアップの悪用
  • Google への自動化されたクエリの送信
  • 次のような望ましい行動を習慣付けます。
  • サイトがハッキングされていないかどうかを監視し、ハッキングされたコンテンツを見つけたときはすぐに削除する
  • サイトにユーザー生成スパムが掲載されないようにし、見つけたら削除する引用元:https://support.google.com/webmasters/answer/35769?hl=ja

 

検索エンジン最適化(SEO)スターターガイド

https://support.google.com/webmasters/answer/7451184?hl=ja

主な内容

  • Google がコンテンツを見つけられるようにする
  • クロール対象外のページを Google に指示する
  • Google(とユーザー)がコンテンツを理解できるようにする
  • Google 検索結果での表示を管理する
  • サイトの階層を整理する
  • コンテンツを最適化する
  • 画像を最適化する
  • サイトをモバイル フレンドリーにする
  • ウェブサイトを宣伝する
  • 検索のパフォーマンスとユーザーの行動を分析する
  • 付録: このガイドで参照したリンクの URL
    引用元:https://support.google.com/webmasters/answer/7451184?hl=ja

 

詳しくは各ページをチェックしてもらいたいのですが、SEO対策として必要なポイントや具体的な施策がGoogleから情報提供されています。

 

特に重要なポイントとして

検索エンジンではなく、ユーザーの利便性を最優先に考慮してページを作成する。

 

上記の内容がガイドラインの一番最初に記載されています。

そのことからも、Googleがユーザーのことを第一にしたページを求めていることがわかります。

 

SEOを意識して文字数を考えるのではなく、ユーザーのことを考え記事を作ることがSEO対策としての文字数の考え方としてまとめることができます。

ブログが続かない時は断捨離&マインドセットで習慣化させる

パソコン用の画像

$(function () { winW = $(window).width(); if ( winW < 600 ) { //フッターメニューのアコーディオン $('#footer_ban').hide(); $(window).scroll( function(){ if( $(this).scrollTop() < 30 ){ $('#footer_ban').slideUp('slow'); } else { $('#footer_ban').slideDown('slow'); } }); } } );