読まれる文章の書き方|構成と5つのポイントを抑えれば簡単です

仙道達也
どうも仙道です。

ビジネスで使う文章において、成功するかどうかは構成が8割で決まります。文章の構成とは、何をどの順番でどのように伝えるかをテンプレート化したものです。

世の中には成果を出している型というものがいくつも存在しています。今回は数ある構成の型の中からライティング 初心者でも使いやすく、成果につなげやすいものを3つの型と押さえておきたい5つのテクニックを紹介します。

仙道達也
この記事を読むと次のような悩みを解消できます。
  • 文章の書き方がわからない
  • 文章を書く時に何から書いたらいいのかわからない
  • 文章を書いても反応がない
  • 売れる文章の書き方を知りたい

ここでは3つの型には絞っていますが、慣れてきたら文章の型のレパートリーを増やしながら文章の書き方に幅を加えていくようにしましょう。まず最初は使いやすいものから使い慣れていくことが文章の書き方をマスターしていく上でも効果的な方法になります。

文章が苦手でも書けるようになる3つの構成テンプレート

文章が苦手でも書けるようになる3つの構成テンプレート

ここでは具体的な売れる文章構成テンプレートを5つ厳選して紹介していきます。

  1. PREP法
  2. PASONAの法則
  3. 成功ストーリー

3つの型を使いこなすことで、次のような文章を作ることができるようになります。

  • 売れる文章
  • 行動を促す文章
  • わかりやすい文章

それぞれの文章の構成を見ながら、あなたが使いやすいものを見つけてみましょう。文章を書くのが苦手な場合のオススメはまずはPEEP法です。早速使い方を見ていきましょう。

 

PREP法を使った文章の書き方

PREP法を使った文章の書き方

PREP法(プレップ)は、多くの場面で使うことができる汎用性の高い構成の1つです。

PREP法は以下の頭文字を取った文章の型になります。

  • Point(結論)
  • Reason(理由)
  • Example(事例・証拠)
  • Point(結論)

 

私のメルマガやブログでもPREP法はよく使っています。PREP法の特徴としては、結論を最初に伝えることで読み手に何を伝えるのかを明確にすることからスタートします。

最初に結論を持ってくることで、最も伝えたいメッセージを伝え、興味・関心を引く効果があります。例えば、インターネット上の文章(ブログなど)の場合は、ページを開いた3秒以内と言われています。3秒以内に何んついて書かれているのかを伝えることはとても重要なことです。

そして最後にも結論を伝えるのですが、最後の結論に至るまでの理由を途中で伝えていきます。

 

理由は冒頭の結論に対して、なぜそうだと言えるのかを書いていきます。しかし理由だけを述べても読み手は納得ができない、不安が解消されないケースが出てきます。そうした不安を解消するためために次の事例や証拠を伝えます。

事例や証拠を見せることで、理由に信憑性を持たせることができます。この時、「証拠なんて無い」と思われがちですが、あなた自身の体験やお客様の事例なども活用することができます。

このように「理由+証拠・事例」を見せることで、結論で伝えた内容に説得力を加えることができます。

 

PREP法が使えるビジネスシーン

PREP法は文章を書くときの構成としてとても優秀で、下記のような様々な場面っで使用することができます。

  • ブログ記事
  • メルマガの文章
  • YouTubeなど動画のシナリオ
  • SNSの投稿

 

コーチやコンサルなどの場合、SNSやメルマガを使う機会が多いケースがありますが、そうした媒体でも使いやすいのでマスターしておけると便利です。

 

PREP法を使った文章の書き方|参考例

Point(結論)起業をしたらをまずブログをやるべき

Reason(理由)ブログはメルマガリストを効果的に獲得できる

Example(事例・証拠)私やクライアントは今でもブログからリストを獲得し続けている

Point(結論)ブログを通じいて文章を書くスキルを習得しリストを獲得すべき

参考例のようにPREP法を使うことで伝えたいメッセージがシンプルにまとまり、読み手にもつたわりやすい文章を作ることができるようになりいます。文章の書き方の基礎としてしっかり覚えておきましょう。

関連記事

仙道達也どうも、仙道です!もしブログ集客で成果を出せず悩んでいるのであればSEOを意識した記事を書く必要があります。ここでお伝えするSEOとは、GoogleやYahoo!検索した際、自[…]

SEOに強い記事の書き方|ブログ集客初心者のための3Step

 

PASONAの法則を使った文章の書き方

PASONAの法則を使った文章の書き方

PASONAの法則は、日本を代表するマーケターの一人、神田昌典氏が提唱する文章の型です。

メルマガ・ランディングページ・セールスレターに使いやすい構成になっています。そんなPASONAの法則は次のような構成になっています。

  • Problem(問題提起)
  • Agitation(煽りと共感)
  • Solution(解決策の提示)
  • Narrow down(限定性・緊急性)
  • Action(行動喚起)

 

PASONAの法則が使えるビジネスシーン

PASONAの法則は前述した通り、下記の場面で使いやすい構成になっています。

  • ランディングページ:メルマガリスト獲得用
  • セールスレター:フロントエンドやバックエンドの販売募集ページ
  • メルマガ:特にセールスレターに繋げる際のメルマガ

セールスをしたい、集客をしたい場面においてPASONAの法則を使うのが有効です。

 

PASONAの法則を使った文章の書き方|参考例

Problem(問題提起)SNSを頑張っても集客ができない

Agitation(煽りと共感)成功している人はきっと特別なことをやっているはず

Solution(解決策の提示)集客で成果を出すには差別化が鍵になる

Narrow down(限定性・緊急性)期間限定で動画セミナーを公開中

Action(行動喚起)差別化したいと考えているならメルマガに登録しておkましょう

このように、PASONAの法則は特にセールスに特化した型となっています。メルマガに登録してもらう、メルマガ読者に向けてセールスをする場面などではとても使いやすい構成となっています。

ブログや普段のメルマガはPREP法を使い、セールスなどの場面ではPASONAの法則を使いなっどのように使い分けることでより大きな成果を得られる可能性が高まります。

関連記事

仙道どうも、仙道です。リストを獲得するにはランディングページがあった方が良いとわかっているけど作れない。作ったのはいいけど反応が出ない。こうした悩みを抱えている起業家は少なくありません。ここで[…]

PASONA ランディングページ

 

成功ストーリーを使った文章の書き方

成功ストーリーを使った文章の書き方

成功ストーリーは仙道塾の中でも伝えている起業家にとっては欠かせない構成の一つです。成功ストーリーと書いていますが、そもそも人はストーリー(物語)が好きな生き物。興味関心を引きやすく、感情移入してもらいやすい特徴があります。

成功ストーリーにもいくつかのパターンがありますが、ここで紹介する成功ストーリーの構成は次のようになっています。

  • 悩みが解決した状態
  • 過去、悩み苦しんでいた時の状態
  • 解決策との出会い
  • 解決策を実践してみた体験談
  • 理想を手に入れた今現在の状態

 

成功ストーリーは自分のことを伝えるケースでも使えますが、クライアントのケースを使用する際にも使いやすくなっています。起業初期の場合、自分自身の体験談として成功ストーリーを使用するのがオススメです。

 

成功ストーリーが使えるビジネスシーン

成功ストーリーは次のような場面で使いyすくなっています。

  • メルマガの文章:お客様の声を紹介する時などは特に使いやすい
  • ランディングページ:メルマガリスト獲得用
  • ステップメール:ストーリーが入ることで共感を得ながら教育がしやすい
  • セールスレター:フロントエンドやバックエンドの販売募集ページ
  • プロフィール:ブログなどに使用する場合は特に使いやすい

 

成功ストーリーを使った文章の書き方|参考例

成功ストーリーの実際の使い方を見てみると次のようになります。

悩みが解決した状態 コーチとして5億円を稼げるようにった

過去、悩み苦しんでいた時の状態 売れないミュージシャンで正社員にすらなれなかった

解決策との出会い 挫折を繰り返す中でコーチングとブログに出会う

解決策を実践してみた体験談 最初は反応もなかったが試行錯誤していくうちに売上を獲得

理想を手に入れた今現在の状態 理想のお客様と一緒にビジネスを成長させている

 

この流れを、ストーリーとして読ませる型になっています。

ストーリーを作ることで、読み手に想像をしてもらいながら共感と理想のイメージを作ってもらえるようになります。

関連記事

 https://youtu.be/_z8c1L0AQDU?list=PLWYX7_sRHMqfPE9PbHTvljro65iCfYYM_ 仙道どうも、仙道です!ここでは、起業[…]

起業後のメルマガは中毒性をもたせるべき|最強のライティング術

 

長い文章の書き方|構成の型は組み合わせても使える

長い文章の書き方|構成の型は組み合わせても使える

ここでは3つの売れる文章構成を紹介しましたが、目的によって組み合わせて活用することができます。

例えば、「成功ストーリー」と「PREP法」を組み合わせ組み合わせてみると次のようになります。

 

ここから成功ストーリー

1|悩みが解決した状態

ブログを毎日更新しなくてもメルマガ読者を安定して獲得することができるようになった

 

2|過去、悩み苦しんでいた時の状態

前はブログを毎日更新し続けないと集客はできないと思っていた

 

3|解決策との出会い

月に数本の記事でメルマガ読者を集める手法と出会った

4|解決策を実践してみた体験談

1週間に1記事作るだけでアクセスも伸び、メルマガ読者が安定して獲得できた

 

5|理想を手に入れた今現在の状態

ブログ更新に縛られず、クライアントのフォローに集中できるようになった

 

ここからPREP法

6|Point(結論)

数十万アクセスなど必要はなく質のよりリストを集めるにはキーワードが重要

 

7|Reason(理由)

アクセスを集めるよりもお客様になってくれる人のアクセスを集めることで売上獲得になる

 

8|Example(事例・証拠)

私はブログを月に7本ほどの更新、しかし月に数百万円の売上が安定している

 

9|Point(結論)

毎日頑張るのではなくキーワードをしっかり選ぶことで週に1記事更新で売上を安定できる

 

このように、2つの型を組み合わせて使うことも効果的です。紹介した4つの型はどれも1つで使うことでシンプルに伝わる文章になるケースが多いですが、セールスレターなどのように長い文章を書く場合などは組み合わせて使うことで売れる文章を書きやすくすることができるということです。

関連記事

仙道どうも、仙道です!今回は、コピーライティングの核となるリサーチについて解説します。 起業家さん「ブログにどんな記事を書けば、申込みが来るかわかりません」「[…]

ライティングはリサーチが8割|手順と心を動かす文章の作り方

 

文章をワンランク上げる5つのテクニック

文章をワンランク上げる5つのテクニック

文章の書き方として覚えておきたいテクニックを5つ紹介します。構成の型と組み合わせて使うことで文章を書きやすく、売れる文章として作れるようになるので覚えておきましょう。

  1. 一貫性の法則で信頼度を上げる
  2. 口語を使って語りかける
  3. デメリットも打ち出す
  4. 読み手の思考を言葉にする
  5. 箇条書きを使って見やすい文章を作る

 

文章をワンランク上げるテクニック①|一貫性の法則で信頼度アップ

文章を作る特、1回きりの文章を書くことはないと思います。ブログやメルマガやホームページ、その他にもランディングページやセールスレターなど、様々な場面で売れる文章は必要になります。

この時、ビジネスのコンセプトから1本の軸を持って発信する情報をブラさないことが大切になります。そうした1つの軸を持たせることを、一貫性の法則と言います。

ブログでは集客のことを発信しているのに、ランディングページ(メルマガ読者を集める)時に、ダイエットのことを書いていても反応は取れませんよね。同じように、メルマガでは集客のことを発信しているのに、セールスになった瞬間、寝具を紹介されても意味がわからないと思います。

一貫性を持たせるには、ビジネスのコンセプトからブラさないこと。

  • ターゲット
  • 販売する商品
  • 発信するコンテンツ(情報)
  • あなたの活動
    など

 

長くビジネスをしていれば、良いものは紹介したい。そうした気持ちが芽生えることもあります。しかし、あなたの見込客はあなたを信頼しようとしてくれています。

そんな期待にしっかりと応えるためにも、ターゲットになる見込客が求めるコンテンツ、商品、サービスを届けるようにしていきましょう。一貫性のないビジネス、一貫性のない文章は信頼を失うきっかけになるので注意しておきましょう。

反面、一貫性のある活動にはファンが付きます。(どうでもいい情報ばかりを発信していない限り)売れる文章とは、一貫性のある文章であること。このことを覚えておきましょう。

 

文章をワンランク上げるテクニック②|口語を使って語りかける

文章の冒頭で読み手の悩みや問題を浮き彫りにして感心を引くようにします。この際、ノウハウ記事などのような文章で書くのではなく、口語などの会話調で使用されるケースが効果的です。

口語(会話調)とは、話し言葉のことで、読み手に語りかけたり、心の声(頭の中で考えていること)を文章にして伝えるようにする方法です。

「」で囲ってあげることで、会話をしている、話をしている雰囲気を作り出しやすくできます。

 

文章をワンランク上げるテクニック③|デメリットも打ち出す

人は良いことばかり言われても信じられないものです。

陰陽のように物事には裏と表が存在します。読み手の視点で考えると、メリットばかり言われていても、「良いことばかり言ってて信じられない」状況を作ってしまう。

だから、良いことばかりではなく、デメリットになる要素も隠さずにさらけ出すことは大切です。この時、デメリットを伝えたら、プラスに繋がる一言を加えれるようにしておくと読み手に良い印象を与えられるようになります。

 

文章をワンランク上げるテクニック④|読み手の思考を言葉にする

キャッチフレーズなどを作る時、読み手の頭の中の言葉を記載する。これはとても効果的な売れる文章の作り方です。言い方を変えれば、読み手の気持ちを代弁してあげるとも言えます。

 

例えば、次のようなシーンを思い浮かべてください。

外国帰りの人に向けたメッセージの場合

次海外に行くまでに英語で会話できるようになりたい

英語が喋れたら海外旅行がもっと楽しる

 

このように、読み手の頭の中の言葉を打ち出すことで、読み手に寄り添った文章を作ることができ、共感を得やすくなります。「この人はわかってくれてる」そう思ってもらうことができれば、その後に主張と理由付けを加え解決策の説明をするだけです。

 

文章をワンランク上げるテクニック⑤|箇条書きを使って見やすい文章を作る

箇条書きとは、・(中黒)や✔︎(チェックボックス)を使って長い文章を見やすくするテクニックです。・(中黒)が銃弾の後に見えることからブレット(ボレット)とも呼ばれています。

・(中黒)を使いながら箇条書きにしてあげると、パッと見てわかりやすい文章を作ることができます。他にも数字で①や1:などと使うケースもあります。

箇条書きは主に次のようなところで使われます。

  • 悩みの書き出し
  • メリットやデメリットの書き出し
  • 何かの手順を説明する時
  • ノウハウなどのポイントを説明する時
関連記事

https://youtu.be/BQq6CjLzGaI?list=PLWYX7_sRHMqfPE9PbHTvljro65iCfYYM 仙道達也どうも仙道です!今日はライティングを習慣化[…]

ライティング習慣化の最大秘訣はコレ!

 

まとめ

文章の書き方|まとめ

文章が書けないを解決する3つの型として3つ紹介しました。

  1. PREP法
  2. PASONAの法則
  3. 成功ストーリー
  4. 文章が書けないと悩んでいる場合、何を・どのように書いたらいいのかわからないケースが多いものです。

ここで紹介した3つ全てを覚えて一気に使いこなすのは大変です。なのでまずは1つづつ意識的に型を使ってみてください。最初のうちは1つの型で良いですが、ずっと1つの型ではワンパターンになってしまいます。なので、徐々に慣れていき、2つ目の型でも書いてみる。というようにバリエーションを増やしていきましょう。

その時に、5つのテクニックを併用することでより読んでもらえる文章を作ることができるようになります。

1つのテーマについて、違う型を合わせて使ってみたり、テクニックを取り入れながら書いてみると、同じことを書いているはずなのに違った文章、印象を作れるようになるので、良い実践練習になります。

パソコン用の画像