コンサルビジネスを売るとき、フロントエンドとバックエンドは差をつけるべき??

コンサルビジネスを売るとき、フロントエンドとバックエンドは差をつけるべき??

~複数の商品を売るとき、どうすれば差をつける事ができる??~

objects-stationery-draw-10141-l

 

 

 

 

 

 

 

 

ども、コーチコンサル起業のブログ集客ばかり
研究している仙道です!!

今日はセミナーで質問された内容を元に
最も興味深かった質問を取り上げます!

 

なぜ、仙道さんはノウハウを出しまくるのですか???

さて、セミナ-で読者さんの声を色々
ヒアリングできたので、さっそく、
コンサル内容をシャアしようかな~
と思いました!

多かった質問を、紹介します

■ブログとメルマガの使い分け技術
■メルマガリストの取得方法
■webから安定してクライアントを獲得する方法
■webからセミナーに参加してもらう方法
■セミナーから個別面談の申込みをいただく方法
■アメブロとワードプレスの使い分け方法
■なぜ、わかりやすいブログを書けるのか?

などの質問をよくいただきました!

しかし、ダントツで多かった質問が・・

「なんで、仙道さんは、ブログやメルマガで
ノウハウを全開で出しているのですか?
普通、無料で全部出さなくないですか??」

でした・・・・

「え!? そこ???(^_^.)」

と一瞬思ったのですが、3人以上の方
に同じ質問をされました(笑)

自分では意識してない内に、
ノウハウを全開で出しているみたいです(笑)

いや、少しは意識してましたね(^’^)

実は、この質問で1年前の事を思い出しました!

 

フロントエンドとバックエンド

「なぜ、仙道はノウハウを全開で出しまくるのか?」

は知りたいですか?

すんなり答えます!(ー_ー)!!

「信頼を得たい」から

コレだけです!!

??????

要はこんな仕組みです。

(1) 無料商材
(2) 2980円の商材、セミナー
(3) 高額商品
(4) さらに高額商品

という順番で、フロンエンド商品
からバックエンド商品に誘導するのが
ビジネスの常識になっているのですが・・・

ショボイ商品からスタート

そして、バックエンドに行くにつれて
クオリティが上がってくる

みたいな段階が普通と言われています(^_^.)

しかし、それでよいのでしょうか?

1年前、僕は疑問を持って、
マーケティングの師匠に相談しました!

「フロントエンドとバックエンドは
どれぐらい差をつけるとよいでしょうか?」

「あまりフロントで強烈なノウハウを出すと
バックエンドが無くなるのではないでしょうか?」

起業する前は
普通に心配だったのです(笑)

師匠の答えは・・・・・・

 

「フロントもバックも差は必要ないです!」

「むしろフロントに全力を注いだ方が
お客様からの信頼を得る事ができます!」

 

「(>_<)(>_<)(>_<) そっか!!!!」

 

今でも、「得した!」と思った答えを
いただきました!

 

ほとんどのネットビジネスの人達は

 

「続きはメルマガで」
「セミナーの問題点解決は有料プランで・・・」
「続きはwebで・・・」

 

などなど、引っ張るんですよね(ー_ー)!!

誘導したい気持ちはわかりますが
僕は嫌いです(w)

この、ネットビジネスの常識に
反抗してたおかげで・・・

結果的に僕は、ノウハウを出しまくる
手法になってました!!

 

でも、大事だと思うのです

 

お客様が初めてみる<あなたの

「無料PDFファイル」
「無料メルマガ」
「無料動画」

ここで、手を抜いたら
「ジ エンド」だと思うのです。(ー_ー)!!

「コイツのノウハウはショボイ」
「無料だから、軽い情報だ~」

と思われたら、2度目はないですからね~

僕の師匠も言ってましたね

「無料商材は価値のある物でないと
バックエンドに誘導できない」と・・・

でも、

「価値のある物を無料であげたら
その後、バックエンドを作るのが大変ではないですか?」

とあなたは心配になりましたか?

では、次回は、
「ノウハウ全開にした後のバックエンドの作り方」
について解説していきます(^_^.)

こんな内容は、他のコンサルは
あまり教えてないと思います(w)

お楽しみに!