コンサルタント起業は胡散臭い?実践すべき3つの仕事で解消できます

年々コンサルタントとして起業する人が増えています。その反面で、社会では騙された、詐欺などの話題も多く見る機会があり、コンサルタントと名乗ると胡散臭いと思われてしまうケースもよくあります。

 

ここではコンサルタントの仕事内容とコンサルタントとしての立ち振る舞いについてお伝えします。

これから起業を考えている方も、すでにコンサルタントとして起業しているけど成果に繋がらない方にもすぐに使ってもらえるように具体的に解説するので参考にしてください。

 

目次

コンサルタントという仕事の定義とは

コンサルタントの仕事は、「クライアントの問題解決・目標の実現」をサポートすることです。

 

あなたの持っている知識・経験・スキルを用いることで、お客様の悩みや問題などを解決に導くことが求められます。

 

『自分が持っている知識、スキル、ノウハウでお客様の抱える問題を解決し、価値を提供する』それがコンサルタントの仕事です。

 

そうした成果に対してコンサルタントは報酬を得ているということを覚えておきましょう。

 

コンサルタントという仕事への需要

コンサルタントに対する需要は高まっています。

インターネットやSNSの普及が加速するにつれて、人が抱える悩みや問題がどんどん複雑になっています。

そこには、増え過ぎた情報、やるべきことが増えていている状況があるように感じます。

 

そうなると、個人も法人も、問題解決をするために様々なジャンルの専門知識やスキルを必要としてます。

 

一個人や会社が持っている知識・ノウハウだけで、対応できないケースが増えているとも言えますね。

問題解決をできる人、方法がわかる人の力を借りて仕事をしないと、この状況に対応するのはまず不可能です。

 

つまり解決できる人がどんどん求められているということです。

個人のお客様でも法人のお客様であっても、次から次へと変化する社会やビジネスの状況に対して対応していくための知識・スキルが必要としています。

 

胡散臭いと言われながらも、コンサルタントが提供することができる専門知識やスキルに対する需要は高まっているということです。

 

情報過多が進むにつれてコンサルタントが活躍できる市場は増えています。

あなたも一度は、誰かに相談された経験があるかもしれません。

 

そうした誰かに何かを「相談される」ということは、そこにコンサルタントとしての「ビジネスチャンス」が存在している証拠です。

人が悩みや問題を抱える限り、コンサルタントはこれからも必要とされる職業と言えるでしょう。

 

コンサルタントの仕事内容と種類を紹介

コンサルタントの仕事は「知識」や「ノウハウ」を商品として販売し、お金を得ることができます。

お客様が抱える問題に対して、方法や考え方をアドバイスをすることによって、問題の解決まで導くことが、コンサルタントの仕事内容です。

 

そのため、仕事内容はあなたが「何のコンサルトなのか」によって変わってきます。

コンサルタントと一言で表しても、中身を見てみると様々なジャンルのコンサルタントが存在しています。

 

コンサルタントの種類一覧

・ブログ集客のコンサルタント
・セールスのコンサルタント
・コーチングのコンサルタント
・ダイエットのコンサルタント
・恋愛コンサルタント
・ブライダルコンサルタント
・きものコンサルタント
・子供の能力開発コンサルタント
・イメージコンサルタント
・Kindle出版コンサルタント
・立ち振る舞いコンサルタント
・食生活改善コンサルタント
・インテリアコンサルタント

 

さらにここから、ターゲットを変えることでさらに具体的なものに落とし込んでいくことができます。

 

ブログ集客のコンサルタントの例

・起業初心者向け
・サラリーマン向け
・主婦向け
・看護師向け
・保育士向け

 

これらはほんの一例ですが、このようにあなたの持っている専門知識を活かして、仕事をすることができます。

 

コンサルタントが実践すべき3つの仕事

コンサルタントの仕事は大き分けて3つあります。

 

  1. 教える:知識や問題解決の方法を教える。これが最もポピュラーなモデルです。
  2. 管理する:お客様が自分で行動できない部分を管理します。いわゆる「ケツを叩き」の役割です。
  3. 作業を代行する:お客様が「やりたいけれど、能力が足りなくてできない」という作業を代行します。

 

コンサルタントがクライアントに対してやっていることを具体的にしたものがこの3つです。

3つの仕事のやり方のうち、「どれをやればいいのか?」を考える上で重要になるポイントをお伝えします。

 

コンサルタントの仕事で重要なポイントは、知識やノウハウを「アドバイスすることで問題を解決する」ということです。

 

決して、コンサルタント自身がお客様の代わりに作業するわけではありません。

問題解決のために行動するのは、お客様自身になります。

 

コンサルタントが「知識」や「ノウハウ」を提供して得ることができる大きなメリットです。

ここで、実際に活躍しているコンサルタントの種類と仕事内容を簡単にご紹介します。

ご紹介する内容と比較しながら、あなたならどんなコンサルタントとして仕事できるか想像してみてください。

 

ブログ集客のコンサルタント
→ブログを使った集客の方法をアドバイス・サポートをする
セールスのコンサルタント
→商品・サービスを高確率でセールスできる方法をお伝えする
治療院のコンサルタント
→治療院の売上アップに繋げるためのアドバイス・サポート
Facebook集客コンサルタント
→Facebookを使った集客の方法を伝える
育児コンサルタント
→子育てノウハウをお伝えする

 

コンサルタントの仕事の魅力

コンサルタントという仕事には5つの魅力があります。

 

  1. 少しの専門知識があれば大丈夫なこと
  2. 好きな働き方ができること
  3. 初期投資が少ないこと
  4. 利益率が高いこと
  5. 本当に自由なビジネスであること

 

1つずつ解説していきます。

 

魅力1:あなたの好きな専門分野を選べる

コンサルタントは知識・ノウハウをアドバイスして収入を得る仕事であるとお伝えしました。

では、どんな知識・ノウハウを提供すればいいのかというと、悩み・問題を抱えるお客様を少しでも上回る知識やノウハウがあればコンサルタントになれます。

また「コンサルタント」とは名乗らなくても、コンサルティングを仕事とすることもできます。

 

魅力2:好きな働き方ができる

コンサルタントは自分で働き方を選ぶことができます。

サラリーマンのように毎朝6時や7時に家を出て、満員電車に乗ったり、車で朝の渋滞を我慢する必要はありません。

決まった時間に会社に行く必要がありません。

もちろん、終電近くまで残業する必要もありません。

コンサルタントは仕事内容も、働く時間も、働く場所も、自分で決めて働くことができます。

 

参考例

・自分の好きな場所・好きな地域に事務所を構える
・家族と過ごす時間を増やしたいから自宅を事務所にする
・毎週のように勉強会やセミナーを開催する
・全国にお客様を抱えて各地を飛び回る
・育児に力を入れたいから決まった時間直仕事しない

全てがいきなり実現できる働き方ではありませんが、あなたの理想とする働き方を実現することができます。

 

魅力3:初期投資が少ないこと

コンサルタントとして起業することは、有形の商品を扱うように仕入れなどが発生しません。

パソコンとスマホ、ネット環境があればコンサルタントとして起業することができるようになります。

 

起業する際に初期費用を必要とするケースもありますが、初期投資が少ないということは、それだけリスクが少ないとも言えます。

もっと見方を変えれば失敗した時のリスクも少ないと言えるのが魅力になってきます。

 

魅力4:利益率が高いこと

コンサルタントの場合、高額商品、高額サービスとしてお客様に提供できるのに対して、使う経費は1割にも満たないケースが一般的です。

 

何かのスキルを習得するために自己投資をするケースもあるかもしれませんが、そもそもそうしたスキルがなくても、経験や体験などをベースにしてコンテンツ化(商品化)することができるので、売上のほぼ全てが利益として残すことができます。

 

ただし、広告費などを使うケースもあり、その場合は広告費をどこまで投資するのかで利益率は変動してくるので覚えておきましょう。

 

魅力5:とっても自由度が高い

コンサルタントは自由度の高いビジネスです。

  • 仕事の内容
  • 働く場所
  • 働く時間
  • 一緒に仕事する仲間
  • 稼ぎたい金額

 

自由を自分で決めて、ビジネスをすることができます。

 

私の場合はディズニーが大好きなのですが、働く場所としてディズニーランド内を使うこともあります。

もちろん、遊びにいくこともありますが、ディズニーで仕事をしていると集中力やアイデアが溢れてくるのでとても仕事が捗ります。

 

このように好きな場所で仕事ができ、収益に繋げることができるようになることも魅力の一つです。

 

仕事の内容の自由

あなたがFacebook集客を得意であれば、「Facebook集客コンサルタント」として、Facebookの集客に悩んでいる人をサポートすることができます。

ブログ使った飲食店の集客が得意なのであれば、「飲食店のブログ集客コンサルタント」として、集客に悩んで知る飲食店の方をサポートすることができます。

 

働く場所の自由

自宅・おしゃれなカフェ・ホテルのラウンジなど、基本、好きな場所で仕事の作業をすることができます。ただし、打ち合わせなど、実際にクライアントと会うときは例外です。

 

働く時間の自由

早起きが苦手なら、11時に起きて、昼から働くこともできます。

あなたが家庭を持っているならば、午前中だけ働いて午後は家族との時間を過ごすこともできます。

1日12時間程度、バリバリ働いて好きなだけ稼ぐこともできます。

その選択はあなたの自由です。

独立すれば、仕事の「結果・成果」が全てです。成果を出すことさえできれば、好きな時間に働くことができます。

 

一緒に働く仲間の自由

独立すれば、無理に嫌いな人と仕事する必要はありません。

好きな人・尊敬できる人と仕事することができます。

 

稼ぐことができる金額の自由

あなたが稼ぎたい金額を決めて、それに向けて行動するだけです。

コンサルタントは「1000万円以上稼いだらダメ!」なんて法律はありません。

毎月30万円でも、毎月100万円でも自分で稼ぐ金額を設定しておく必要があります。

 

コンサルタントの仕事に向いている人

『クライアント(=顧客)の成果が大量に出ることが、自分の売上がUPするよりも3倍~10倍以上楽しい!』と感じることができる人は、コンサルタントに向いています。

 

自分の成果よりも、相手に成果が出ることの方が「喜びのレベル」が高いと感じることができる人です。

 

ほとんどの人がそうだと思いますが、「最初の月収100万」はやっぱりうれしいものです。

しかし、そこを超えてから売上だけを見ていると「飽き」が必ず来るものです。

 

一度でも「飽き」が来てしまうと、そこから先は『何のために今の仕事をやっているか?』と疑問が出てきてしまいます。

 

”ただ稼ぐだけ”ならコンサルタントである必要はありません。

ネットビジネスでもいいし、他の手段はいくらでもあります。

 

しかし、コンサルタントという仕事を選ぶのであれば、やはりクライアントの成果があってこそ、「喜び」や「やりがい」を感じることができます。

 

もちろん、クライアントの「売上」や「成果」は目先の利益を意味するわけではありません。

 

『クライアントの人生に影響を与え、その先にいる人の人生にも影響を与える』という意味です。そこまで考えて仕事する方が断然楽しいです。

 

もし、あなたが「同じ想い」「近い想い」を感じてくれたのであれば、あなたはコンサルタントの仕事に向いていると言えるでしょう。

 

コンサルタントが仕事で抱える悩みベスト3

コンサルタントとして起業を考えている人向けに、仕事で抱える悩みベスト3をご紹介しておきます。

 

第3位|クライアントを集客できない
第2位|仕事の報酬(単価)が安くなってしまう
第1位|クライアントに成果を出せない

 

このベスト3の悩みは、クライアントとコンサルティング契約するときに重要な「ある1つのポイント」を理解することで、解消することができます。

 

コンサルタントの契約モデルは大き分けて2つあります。

1:契約期間を決めてコンサルティングする
2:1案件(1プロジェクト)ごとにコンサルティングをする

 

この2つのモデルのどちらで仕事をするのかは、あなたの自由です。

どっちが良くてどっちが悪いというものではありません。

 

しかし、2つの契約モデルのどちらで仕事を取るにしても、1つポイントがあります。

 

コンサルタントとして起業するなら「時間を売らないこと」

例:時間を売る

・個別コンサルティング:1時間1万円
・コンサルティング契約:3ヶ月30万円

 

このように「時間」を基準にしてクライアントと仕事の契約をしてしまうことが、低単価の契約になってしまう一番の原因です。

 

高単価の仕事を獲得したいのであれば、あなたが「オーダーメイド」したサービスを売る必要があります。

「オーダーメイド」とは、クライアントの目標や願望に合わせて、「どのようになったらクライアントが嬉しいのか?」を一緒に決めることです。

 

1:契約期間を決めてコンサルティング
2:1案件(1プロジェクト)ごとにコンサルティング

 

2つのうちどちらにするのかを決めることがオススメです。

このように「オーダーメイド」にすることで、大きな価値を作りだすことができ、自然と高単価の契約を提案することが可能になります。

 

「オーダーメイド」で契約する3メリット

メリット1|クライアントとの信頼関係を構築できる(ラポール構築)

信頼関係の構築ができることで、クライアントとの信頼関係が気付けるので仕事を進める上で大きなプラスになります。加えて、あなたのコンサルタントとしての権威性を高めることができます。

 

メリット2|クライアントの抱える問題点を明確にできる

クライアントの抱える問題点を明確にすることで、「何を?どうすればいいのか?」と、具体的なアドバイスできるようになります。

 

メリット3|クライアントが望む目標を明確にできる(どうなったら嬉しい?)

クライアントが望む目標を明確にしておくことは非常に重要です。

クライアントに目標をお聞きすると、「成功したい」「稼ぎたい」と言われることがあります。

しかし、「成功」に対する答えは1人1人違うものです。

「成功」とは、「一体何を持って成功というか?」それを具体的に分かりやすく決めることが「成果を明確にする」ということです。

 

比較例
「成果があいまいな目標」→「成果が明確な目標」・「売上をあげたい」→「売上を前年度よりも300万円あげたい」
・「集客したい」→「ホームページから毎月10人集客したい」
・「契約がとりたい」→「年間100万円の個別コンサル契約を月に1本とりたい」

 

このようにクライアントが達成したい目標をしっかり定義することで、あなたとクライアントの間に共通の意識を持つことができます。

目標達成への共通意識を持つことで、クライアントと話をするときも常に「基準」を持って会話することができます。

 

  • あの時はああいった
  • 先月はこういった
  • そんなこと聞いてない

 

などの、言った言わないという問題が起きなくなります。

クライアントとの関係が悪くなることがなくなるということです。

逆にクライアントにとって、あなたの重要度が高くなります。

 

そして、あなたの重要度が高くなればなるほど、大きなお金をもらえるようになります。

契約単価が安いのは、クライアントにとっても目標や望む成果が不明瞭なため、「なぜコンサルタントのサポートが必要なのか?」その重要度が明確になっていないからです。

 

「オーダーメイド」で仕事内容を提案できることは、コンサルタントの仕事にって、1番のメリットであるといえます。

 

コンサルタントの仕事でよくある悩みNo.1

コンサルタントが仕事で抱える悩みベスト3の中でも、一番多い悩みは「クライアントに成果を出せないこと」です。

 

この悩みの解決はもう1つの大きな悩みでもある「集客の悩みより大切であると言えます。

「どうしたら、クライアントが成果を出すのか?」という悩みは、コンサルタントのような、サポート職にとっては永遠につきまとう悩みかもしれません。

 

むしろコンサルタントである限り「常に悩むべき責務」があるとすら思える悩みです。

なぜなら、コンサルタントの仕事は商品・サービスを「売っておしまい」ではありません。

 

セールス後に『サポートして最大限の成果を出してもらう』という仕事があります。

むしろ、そのサポートが楽しくてコンサルタントをやっている人が多いくらいです。

 

しかし、一定数はテクニックを使って売るだけで、その後サポートが薄い人が業界には多いみたいです。

そんな人は、本気で業界からいなくなってほしいと思う時があります。

 

「他の仕事のほうが向いているのでは?」と思います。

今、この記事を熱心に読んでくれているあなたはクライアントに成果を出して欲しいと思ってますか?

 

もし、あなたに少しでもクライアントさんがいらっしゃるのであれば、『クライアントに成果を出してほしい・人生を変えてほしい。だけど、私がサポートしても変わってくれるかどうか・・・』と、悩んでいるかもしれません。

 

でも、安心してください。悩んでいるのは、あなただけではありません。

クライアントと真剣に向き合っているコンサルタントはみんな悩んでいます。

むしろ、サポート力を向上させる悩みなのでありがたい悩みであると考えてください。

 

コンサルタントとしての責任の在り方

コンサルタントとしてお客様との間で契約が結ばれた場合、クライアントの成果に対して、責任を取らないといけないわけではありません。

 

よくある例で、お客様側が「コンサルを受けたのに何も変わらなかった」と言われることがあります。

そうした際には次のように考えてください。

 

「クライアントの成果」は100%クライアント側にある。ただし、「自分が約束したサポート」には100%責任を取る。

 

クライアントにコンサティングサービスを販売する時は、『成功するまで行動を続けられる人限定で参加してください』と発言して、ボーダーラインをしっかり示すことが重要です。

 

この条件に納得した人だけ、サービスの販売を許可しましょう。

 

なぜなら「自分の行動に責任を取れない人」を自立させることは、誰にもできないからです。

 

「すべての人」をサポートするのは最初から諦めてください。あなたが自分で責任取れる人だけを全力でサポートしましょう。

 

「クライアントの成果」はクライアントが行動をした結果ついてくる

「自分が約束したサポート」には100%責任を取る

「クライアントを行動させる」こともコンサルタントにとっては必要になることもある

このマインドセットが非常に重要です。

 

胡散臭いと思う人とは付き合わなければOK

コンサルタントとして起業して活動をしていれば、どこかで胡散臭い、怪しいと思われてもおかしくありません。

特に知人や近しい関係の人、起業経験の無い人からしたら、胡散臭い以外の何者でもありません。

 

そうした際に言いたいことは、そんな人たちとは付き合わなければ良い。

ということです。

 

家族などのように、最も近しい関係性の場合は理解してもらうことが重要になりますが、友人や知人の場合は別です。

あなたが起業家として稼ごうとしている、その進みたい道に現れる邪魔者になってしまいます。

 

起業して稼ごうと思うなら、行動が必要不可欠です。

そうした行動は、マインドセットやメンタルが大きく影響します。

その時に邪魔となる存在は一度手放しておくことが、最速で稼げるようになるコツだったりします。

 

稼げるようになったら、後から見返せば良い、これくらいの気持ちで目の前のビジネスと向き合っていきましょう。

 

まとめ

ここでは、コンサルタント起業は胡散臭いのかということで、スタートしてコンサルとは一体なんなのか、どんなことをしているのかなどを紹介しました。

 

ひとりで起業することが一つのステータスになりつつある現代において、自分がやろうとしている職業のことはしっかりと理解しておく必要があります。

 

そして、お客様は神様ではありません。

コンサル契約をしたから相手にへりくだるというのは間違いです。

 

時には行動しないお客様もいます。

しかし、最初からそうした人とは関わらないと決めておくのか、そうした人を行動させられるように根気よく向き合うのかもコンサルタントとしての仕事の一つだと考えています。

 

もしあなたがコンサルタントになって、今よりもっと収入を獲得しつつ、自分の夢・理想を叶えていきたいと強く思うのであれば、お客様としっかり向き合うことを覚悟しておきましょう。

 

中途半端な気持ちの付き合い方は結局長く続かずに、時間と労力をムダにしてしまいますからね。

仙道
悩み別のおすすめコンテンツを紹介します!

これから起業しようと思っている

コンサル起業して0から年商1000万円を達成する迄のロードマップ

起業したけど売上が作れない

起業後すぐにできる!最初のお客様を獲得する方法【テンプレ付き】

web集客で悩んでいる

起業1年目の教科書|集客できるWEBサイトを作る3ステップ

動画講座のご案内

すでに4万人以上が購読しているメールマガジンでは、WEB仕組化の方法を動画で詳しく解説していきます。
動画で仕組化を学べるメール講座の詳細はここをクリック

$(function () { winW = $(window).width(); if ( winW < 600 ) { //フッターメニューのアコーディオン $('#footer_ban').hide(); $(window).scroll( function(){ if( $(this).scrollTop() < 30 ){ $('#footer_ban').slideUp('slow'); } else { $('#footer_ban').slideDown('slow'); } }); } } );