メルマガリストの作り方|無料プレゼントで読者を集めファンに変える戦略

仙道

どうも、仙道です!

コーチ・コンサルなどの起業家が売上を獲するためには、メルマガ読者(リスト)の獲得が重要です。

しかし、メルマガ読者をうまく集めることができずに悩んでいる起業家は多くいます。

メルマガ読者を増やすために有効な手段の1つとして無料プレゼントの活用がオススメです。

ビジネス初心者でも実践できる4つのネタに沿った無料プレゼントの作り方を解説していきます。

メルマガ読者集めにぜひ活用してください。

 

 

メルマガリストの作り方|スキル・ノウハウからレポートを作成する

【無料プレゼントのネタ1】 スキル・ノウハウからレポートを作成する

 

レポートとは、自分のノウハウやスキルをワードやパワーポイントで要約してPDF化したものです。

  • 自分が持っている独自のノウハウ
  • 自分が大事にしているマインドセット
    など

自分のオリジナルコンテンツなどがあれば、そうした内容をレポートにすることで魅力的な無料プレゼントを作成できます。

もし、自分の独自のコンテンツなんて無い。

そういう場合は、次の2つの方法を実践すれば無料レポートを作成できます。

  1. 書籍や商材から学んだ内容をまとめる+独自の見解
  2. 見込み客へのアンケートから作成する

 

1:書籍や商材から学んだ内容+独自の見解

書籍や商材、もしくは、セミナーなどに参加して学んだノウハウをまとめる。

そして、自分の見解をプラスすることで独自の無料レポートを作成できます。

 

書籍・商材・セミナーの内容をそのまま書いただけでは、これは完全な盗作です。絶対にやってはいけません。

 

しかし、様々な書籍・商材で学んだノウハウを自分の言葉でまとめる。

そして、実際にノウハウを使ってみたり、実践してみたときの結果や内容を記載することで独自のレポートが作成できます。

 

2:見込み客へのアンケートから作成する

見込み客にアンケートを取ることができれば、そこからレポートを作成することができます。

もしビジネスを始めたばかりで、また見込み客のリストが手元にない場合は、見込み客に近い友人や知り合いでも大丈夫です。

アンケートの内容は、

  • 見込み客はどんなことに悩んでいるのか?
  • 見込み客はどんなことが知りたいのか?
  • 見込み客はどんな不満・恐怖を抱えているのか?
    など

 

<無料レポート作成の手順>

見込み客が抱える悩み・不安・恐怖を
アンケートで聞き出す。

アンケートの内容に対する回答を
無料レポートにしてしまう

■参考例

ブログ集客コンサルの場合

・ブログの始め方がわからない
・ブログの書き方がわからない
・どうすれば集客につながるか全くわからない
などの悩みが見込み客に多いとする。

この場合、
ブログ集客の全体像から
ブログ集客の始め方。
集客できるブログ記事の書き方を
レポートにまとめることでプレゼントの完成です。

もしレポートを作成する段階で、
わからないことがあれば、
書籍や商材で学んで自分の知識不足を
埋め合わせれば大丈夫です。

 

メルマガリストの作り方|〇〇テンプレート

【無料プレゼントのネタ2】〇〇テンプレート

 

テンプレートは無料プレゼントの中でもよく用いられている形です。

テンプレートとは、『ひな型』のことです。

  • キャッチコピーテンプレート
  • セールス成功テンプレート
  • ブログ記事作成テンプレート
    など

一度は、ご覧になったことがあると思います。

 

参考例:キャッチコピーテンプレート

  • テンプレート1:『なぜ、○○なのか?』
  • テンプレート2『○○な方法』
  • テンプレート3『もし、○○ならば、○○です(〇〇ます)』
  • テンプレート4『○○したくても、できない人へ』
  • テンプレート5『○○でも、〇〇すると○○できる』
関連記事

どうも、仙道です! ブログやメルマガでお客様の興味を引きつけて売上に繋げるためには、キャッチコピーが重要と理解している起業家の方は多くいます。けれども、センス・才能ないとキャッチコピーは書けないと考え、苦手意識を持っている起業家が非常[…]

売れるキャッチコピーを作る!有効な9つのテンプレート

 

見込み客が求めているものであれば「〇〇テンプレート」という特典は非常に魅力的なものになります。

自分が普段はあたりまえに使っているスキルやノウハウが見込み客にとっては目からウロコの情報になることはよくあります。

テンプレートにする内容はオリジナルものでも良いし、書籍などで学んだものをまとめて大丈夫です。

自分が普段は何気なく使っているスキルやノウハウなどを見直しながら、オリジナルのテンプレートを作成してみてください。

 

テンプレートでプレゼント作成するときのポイント

〇〇テンプレートという形でプレゼントや特典を作成した際は、各テンプレートの解説や事例を入れてあげるとプレゼントの価値が高くなります。

  • どんなテンプレートなのか
  • どんな場面で使うと良いのか
  • 実際にテンプレートを使った事例
    など

 

プレゼントを手にしてくれた見込み客がテンプレートをすぐに使える状態にしてあげることを意識してください。

 

メルマガリストの作り方|動画プレゼント

【無料プレゼントのネタ3】動画プレゼント

動画も無料プレゼント(特典)として有効活用できます。

自分が持っている考え方やノウハウを動画撮影して解説するだけで無料プレゼントを作成できます。

動画は自分の声や人柄も伝わるので、うまく活用すれば、見込み客を自分のファンに変えやすいというメリットがあります。

動画を見てくれた、見込み客を惹きつけるためには、次の点を注意するようにしてください。

 

<動画特典作成の注意点>

・雑音を入れないこと
・聞き取りやすい声・声の大きさを意識する
・服装や背景にも気を配る(汚いと印象が悪くなる)

最低でもこの3点を注意してください。

 

価値の高い動画を簡単に作成するコツ

自分が開催するセミナーや講座の動画を撮影しておくことで特典の動画として活用することができます。

基本的に、セミナーや講座でお伝えする内容は見込み客にとって価値あるものです。

見込み客にとって価値ある内容で開催された過去のセミナー動画はプレゼントとしてとても魅力的なものになります。

  • 過去に参加費1万円で開催されたセミナー動画
  • 1年目に開催されえた〇〇塾、第1回目の動画
    など

 

見込み客に与えることができる価値はレポートなどに比べても大きいといえます。

作成の面でいえば、自分がセミナー・講座を開催するたびに撮影しておけば良いだけです。

さらに、セミナーや講座の動画をプレゼントにすることで

  • セミナーを開催するほど人気のある人
  • すでに成功されている人
  • たくさんの人に支持されている人
    など

 

良い印象を見込み客に与える効果もあります。

初めて動画を撮影する場合は、少し照れてしまうかもしれませんが、ぜひ一度チャレンジしてみてください。

 

メルマガリストの作り方|成功ノウハウを特典にする

【無料プレゼントのネタ4】成功ノウハウを特典にする

 

成功ノウハウとは

  • 自分が実践してきたノウハウ
  • 自分が体験してきたこと(成功事例)
    など

 

例えば、コーチ・コンサルとして活動する中で実際に体験してきた成功事例を1つのコンテンツにします。

成功事例といっても

  • 売上1000万達成!
  • 年商1億達成!

などの、大きな事例でなくても大丈夫です。

例えば、起業支援のコンサルをしているなら、起業実現から売上30万円を獲得するまでの道筋を具体的に示したレポートでも十分、魅力的な特典になります。

 

「レポートの内容通りに実践してもらえれば、3ヶ月以内に売上30万円を獲得できるようになりますよ。」などのコンセプトで作成すれば、見込み客にとっては魅力的なプレゼントです。

 

特別なことを書こうとするのではなく、自分が実践して体験してきたことを1つのレポートにまとめるだけで大丈夫です。

 

成功ノウハウ・事例が喜ばれる理由

起業家がビジネスで成功するための秘訣として、『成功者のマネをする』というものがあります。

自分が体験してきた成功事例は、見込み客が成功を手に入れるための貴重な情報ということです。

私も仙道塾で多くの生徒さんを指導してきましたが、教えた内容を素直に実践できる人の方が結果を出すスピードが圧倒的に早いです。

成功ノウハウのレポートは、優良な見込み客ほど喜んでくれるので、ぜひ活用してみてください。

 

無料プレゼントを作る際の4つの注意点

無料プレゼントを作る際の4つの注意点

 

無料プレゼント作成の際に注意して欲しいポイントをお伝えします。

無料プレゼントを作っても、ポイントがズレていると見込み客の反応が減ってしまいます。

せっかく作ったプレゼントを無駄にしないためにも注意点を確認しておいてください。

 

注意点1:完璧を求めない

無料プレゼントを作る上で最も注意してほしいことが完璧を求めないことです。

確かにプレゼントや特典の内容が良いものであればあるほど見込み客を惹きつけることができます。

しかし、初めから完璧なものを作れる人はいけません。

プレゼントは自分が活動していく中で徐々に改善していけば大丈夫です。

最初はある程度のものが完成したらリリースしてみましょう。

自分が感じる完成度が50%でも30%でも大丈夫です。

完璧主義を捨てること

ここをまずは強く意識してください。

関連記事

ここでは、起業で失敗する人のマインドセットを紹介します。 コーチやコンサルタントとして起業をしたら「失敗したくない」「成功したい」と考えるものです。 これまで数百名の起業家を見てきた中で、起業をして失敗をしてしまう人の共通する原[…]

起業で失敗する人の5つのマインドセット【成功と失敗はこれで決まる】

 

注意点2:見込み客が欲しいものを作る

無料プレゼントを作成する際は、見込み客が欲しいものを作成してください。

  • 自分が与えれるもの
  • 自分が良いと思うもの

こうしたものを作ったとしても見込み客にとって価値がなければ意味がありません。

いくら無料であっても見込み客にとって価値がなければ見込み客はそのプレゼントを欲しいと思わないからです。

「見込み客が欲しいものは何か?」

これを明確にするためには、見込み客が持っている悩みや不安を日頃から認識するよう心がけておきましょう。

 

注意点3:ノウハウを出し惜しみしない

無料プレゼントを作成するときには、自分のノウハウ(コンテンツ)を出し惜しみしてはいけません。

無料プレゼントを作りましょうというと、「どのぐらいノウハウを出せばいいか」という質問を必ず受けます。

 

もちろん「すべて出せ!」

ということではありませんが、「これが無料でいいの??」と見込み客が感じるほど価値が高いものが理想的です。

 

2018年現在、起業家がメルマガリスト獲得の際に無料プレゼントを利用することは“あたり前”になってきています。

多くのライバルが無料プレゼント・特典を設置する中でも、自分のプレゼント内容が中途半端ではライバルに勝つことができません。

 

見込み客が

  • これは見てみたい!
  • これは欲しい!

そんなふうに感じる無料プレゼントの作成を意識してください。

見込み客が「欲しい!」と感じるプレゼントを作成するためのポイントは、

  • 見込み客のリサーチ
  • ライバルのリサーチ

まずはこの2つのを徹底してみてください。

 

注意点4:適当なタイトルをつけない

無料プレゼントはタイトル次第で登録率が大きく変化します。

タイトルとは文字通り、無料プレゼント・無料特典の『タイトル(名前)』のことです。

無料プレゼントを作成する際、意外と忘れてしまいがちですが、プレゼントのタイトルが魅力的なだけで見込み客はそのプレゼントが欲しくなります。

 

<参考例>

①Youtubeの再生回数を増やす方法
②1週間でYoutubeの再生回数を1万回にする方法

上記の2つを比較した場合、
②の方が内容が具体的で
魅力を感じる。


タイトルのコツ

タイトル作成のコツは、
主に2つです。

  1. 具体的な数字を使う
  2. 強い言葉を使う

 

1.具体的な数字を使う

具体的な数字には人の興味を
引き付ける効果があります。

  • 1日1時間で
  • たった3時間で
  • 3ヶ月で売上172万円
  • 2日で313人を集客!
    など

具体的な数字を使ってプレゼントのネーミングをしてください。

 

2.強い言葉を使う

強い言葉とは、見込み客が思わず反応してしまう言葉(≒単語)のことです。パワーワードともいいます。

  • 簡単
  • 稼ぐ
  • 売れる
  • 年収1000万円
  • 月収100万円
  • 自動化
  • 仕組化
    など

見込み客の興味・関心を一瞬で惹きつける言葉をプレゼントのタイトルの中に入れてください。

パワーワードについてはこちらの記事が参考になります。(他サイトが開きます)

 

メルマガリストの作り方|まとめ

4つのネタに沿った無料プレゼントの作り方。そしてプレゼントを作る上での注意点をお伝えしました。

メルマガ読者を獲得するために、ブログを活用している人はします。

しかし、ただ単に「メルマガの登録してください」とブログに書くだけでは登録率を高めることは難しいです。

見込み客が思わず「これは欲しい!」そんなふうに感じるプレゼントを設置してメルマガ登録率アップにつなげてください。

無料プレゼントを活用する際は、ブログだけでなく、リスト獲得用のランディングページがあるとさらにメルマガ読者の登録率をあげることができます。

  • ブログ
  • ランディングページ
  • 無料プレゼント

この3つを活用して、メルマガ読者(リスト)を集め、売上獲得につなげて欲しいと思います。

見込み客のメルマガリストを集めるための王道の3Stepを解説した記事も合わせてご覧ください。

WEBからリストを獲得し続ける仕組み構築「王道の3Step」

パソコン用の画像

$(function () { winW = $(window).width(); if ( winW < 600 ) { //フッターメニューのアコーディオン $('#footer_ban').hide(); $(window).scroll( function(){ if( $(this).scrollTop() < 30 ){ $('#footer_ban').slideUp('slow'); } else { $('#footer_ban').slideDown('slow'); } }); } } );