フェイスブックが使えないワケ!フェイスブックをどう活用すべきか。

どうも、仙道です!

起業家の方の多くはフェイスブックを活用しているかと思います。

しかし、「友達申請」や「いいね」ばかりで、集客までにつながっていない方が多いようです。

実は、フェイスブックは、人によっては使えない理由があるのです。

 

今回は「フェイスブックがダメな理由」について解説していきます。

フェイスブックの「本質」知っていますか?

 

私は、この1年ぐらいフェイスブックで色々な手法を試みました。
以下のようなことです。

  • いいね を押しまくる
  • 友達申請 しまくる
  • 写真を貼りまくる
  • ターゲットだけ狙って申請
  • フェイスブックページで「いいね」を増やす
  • フェイスブック広告
  • リスト取り
  • ブログ誘導
  • 無料レポートプレゼント

 

しかし、結論を言いますと「費用対効果悪いな」と、感じております。
(時間がかかる割に)

というのも、アメブロである程度リストが取れていたからです。

どうしても比べてしまいます。

 

それは「フェイスブックの本質」を見極めていなかったからです。

 

フェイスブックもそうですが、他のSNSにも本質があります。

それは、SNSの本質は「会話ツール」であるということです。

フェイスブックで儲けている人の特徴

「会話ツール」という事は、何を意味するかと言いますと、「売り込みする場所ではない」という事です。

「まあ、確かにな」
「友達の交流の場所だもんね」
とあなたが思ってくれれば、納得いくとは思います。

 

しかし、人によっては

「え~でも稼いでいる人もいるよ!」
「稼げる方法を教えてほしいよ!」

と、納得いかない方もいると思います。

 

そのような方に向けて説明します。

フェイスブックで稼いでいる人の特徴は、以下のようになります。

  • 「芸能人ばりに自己アピールできる」
  • 「元からブランドを持っている」
  • 「1日5回以上投稿しても苦にならないぐらい、私生活を見せるのが好き」

このような特徴があるのです。

 

そのため、結論言えば「人によって使えない場合がある」という結論に至りました。

 

例えば
「過去に社長をやってました!」
「1000万以上稼いだ実績があります」
「有名デザイナーです!」
「稼ぎまくってヒルズに住んでます」
「カリスマ主婦です。」

という方は、どんどんフェイスブックやってください。

セミナー誘導して、そこから売り込みすれば30万ぐらいのコンサルも、売れてしまうかと思います。

 

私も売れている人を見て、「なんでコンサル力も、コーチング力もないのに、そんなに売れるの!?」と思った時期もありました。

 

しかし、無名の素人コーチやコンサルの方が同じノウハウで結果が出るでしょか?

「偽りのブランド」を使わないと無理だと思います。

 

日本人の大半が、「コツコツ」「地味に実績を出す」タイプなので、アメリカ人みたいに派手にいけないのです。
(フェイスブックはアメリカ生まれですね)

ミクシーやツイッターは顔出し必須、実名必須ではないので、まだ日本人に向いているかと思います。

 

あなたに合っているかどうかを見極めなければ、フェイスブックでは成功しにくくなりますので、ご注意ください。

 

フェイスブックをどんな風に活用すればよいのか?

フェイスブックの悪い部分を沢山出しましたが、使える部分もまだあります。

集客で使えるのは、以下の部分です。

  • 「ターゲットの価値観を調査する」
  • 「自分の日常生活を見てもらい人間性を理解してもらう」

 

自己アピールまでとはいかないですが、人間性を示し安心感を持ってもらうには、最も
使えるツールであると言えます。

 

なぜなら、他のSNSに比べてリアルの世界に最も近いからです。

「既に知り合い」という親近感を与える事ができます。

 

ターゲットの価値観や好みを調査するときも「リアルで会って話す」のが最強です。

 

もっとも近い効果を生む調査方法がフェイスブックの投稿を見る事なのです。

「普段どんなところで遊んでいるか?」
「何に価値観を置いているか?」
「仕事に対してどんな思いがあるのか?」
「誰と仲良くしているのか?」

など、ターゲットの価値観を調べるのに最も適しているのです。

まとめ

「フェイスブックが使えないワケ!フェイスブックをどう活用すべきか」ということについて解説しました。

 

話しをまとめると「フェイスブックは親近感を持ってもらうために使う」と覚えておいた方が賢明です。

間違っても売り込みのツールではないのです。

もちろん、ブログ誘導に使うぐらいだったら問題ないです。

 

私からお勧めする使い方は

  • ブログ誘導に使う
  • 日常生活が垣間見える写真
  • 人間性がわかるような「本音」のつぶやき

などが有効だと思います。

 

「いいね」がたくさんついてもアクセスが上がるわけではないので「ランチ」や「おもしろ写真」を載せても、集客効果にはならないのです。

あくまでも本質は「会話ツール」である事を押さえてから、テクニックに走りましょう。

 

最後に今回の内容をまとめて終わりにします。

  • フェイスブックで派手に稼げる人は「ブランド持ち」のケースが多い。
  • 弱者の戦い方は「ブログ、メルマガ」に集約される。
  • フェイスブックは「人間性を垣間見ることができるツール」として使った方がよい。
  • 最終的に「親近感」を与える事には強い。
$(function () { winW = $(window).width(); if ( winW < 600 ) { //フッターメニューのアコーディオン $('#footer_ban').hide(); $(window).scroll( function(){ if( $(this).scrollTop() < 30 ){ $('#footer_ban').slideUp('slow'); } else { $('#footer_ban').slideDown('slow'); } }); } } );