【ここが違う】Facebookのビジネスアカウントと個人アカウントの特徴

仙道達也

どうも、仙道です!

Facebookカウントには個人アカウントとビジネスアカウントの2種類があるのですが、個人アカウントとビジネスアカウントでは利用方法が異なります。

個人アカウントとビジネスアカウントの特徴とその違いをお伝えしていくので、アカウントの違いの理解してFacebook集客の実践に繋げてください。

 

 

Facebookの個人アカウントとビジネスアカウントとは?

Facebookの個人アカウントとビジネスアカウントとは?

 

Facebookに新規アカウント登録すると作成されるのが個人アカウントです。通常はこの個人アカウントを利用してFacebookを使用していきます。

しかし、Facebook上で商用目的で活動をしたい場合は、ビジネスアカウントを利用した方がメリットが得られることもあります。その代表例がFacebook広告です。

Facebookのビジネスアカウントというのは、Facebookページを作成することを意味しています。つまり『Facebookのビジネスアカウント=Facebookページ』ということです。

2つのアカウントは見た目に大きな差はありませんが、機能・できることに違いがあるので、その違いを比較してお伝えします。

 

Facebook個人アカウントとビジネスアカウント|特徴の比較

Facebook個人アカウントとビジネスアカウント|特徴の比較

Facebook個人アカウントFacebookページ(ビジネスアカウント)
登録名個人名で登録(原則本名)
可能なページ作成数1人1つのみ1人で複数ページ作成可能
管理者登録者のみが管理者複数人が管理できる(運営できる)
友達申請の上限数5000人まで上限なし
コメント機能友達の投稿に「いいね!」や「コメント」ができる個人の投稿に対して「いいね!」や「コメント」ができない。自分のFacebookページに投稿された内容に対しては返信コメントができる。
Facebook広告配信機能なしあり
インサイト機能(アクセス解析機能)なしあり
予約投稿機能なしあり
イベント作成機能ありあり(告知機能あり)
CTAの設置「予約」「連絡」「ビジネス詳細案内」「購入」「アプリ導入」などユーザーの行動を高めるボタンを設置できるボタン設置なし
SEO効果なしあり(Googleなどの検索結果に表示される)

 

Facebook個人アカウントとビジネスアカウントの3つの違い

Facebook個人アカウントとビジネスアカウントの3つの違い

 

FacebookのビジネスアカウントであるFacebookページが個人アカウントとどこが違うのかをお伝えします。

1.ビジネス向けの機能が豊富

Facebookページにはユーザーの行動を分析する「インサイト」という機能がついています。Facebookページでの投稿がどれくらいの人にリーチ(到達)したのか、どのぐらい「いいね!」されたのかといった情報を詳細にチェックすることができます。

ここに蓄積したデータを元にして、Facebook広告を出稿することもできるので、このインサイト昨日は非常に便利な機能であると言えます。結果分析も可能です。

さらにFacebookページはGoogleやYahoo!などの検索エンジンの検索結果にも表示されるので、多少のSEO効果も期待することができます。個人アカウントは検索結果にも表示されることはありません。

 

2.複数人でページを管理可能

個人アカウントは、ログインしている本人だけが利用するものす。しかし、Facebookページは作成した本人以外のアカウントを「管理者」として招待し、複数人での運営することができます。

あなたのビジネスにチームやスタッフができたときは、彼らの力も借りながら管理運営することができるので、非常に便利です。

 

3.個人ページはアカウントにつき1つだけ、Facebookページは複数作成可能

個人アカウントは実名登録で、原則として1人1アカウントしか作成できません。

しかしFacebookページは複数ページ作成することが可能です。あなたのビジネスの目的や事業内容に合わせて使い分けたりすることもできます。

関連記事

仙道達也どうも、仙道です!Facebook広告を出稿するためには「広告アカウント」を作成する必要があります。広告アカウントはFacebookのアカウントを持っていれば誰でも作成できて、無料で作れるもの[…]

Facebookの広告アカウント作成方法と3つの準備

 

まとめ

Facebookの個人アカウントとビジネスアカウント(Facebookページ)の違いをお伝えしました。Facebookページには、コーチ・コンサルのビジネスにも活用できる機能が備わっているので、ぜひFacebookページは作っておいてください。誰でも簡単にページ開設ができるので、まだ作っていない場合は、こちらの記事を参考にしながらFacebookページを作成してみてください。

関連記事

仙道達也どうも、仙道です!Facebook広告の実践は、広告クリエイティブと広告の運用に分けることができます。広告クリエイティブは少し難易度が高いですが、広告の運用は基本を覚えれば誰でも実践できます。[…]

Facebook広告「1人で運用をはじめるための4ステップ」

パソコン用の画像